ロイカディア薬品は、アセトアミノフェン注射液1000mg/100mL(10mg/mL)のジェネリック医薬品を発売、販売を開始すると発表しました。 FDAが承認したこのジェネリックは、マリンクロット・ファーマシューティカルズのアセトアミノフェン注射剤(Ofirmev)と治療上同等です1
アセトアミノフェン注射剤は、軽度から中等度の疼痛管理、オピオイド鎮痛剤の補助および解熱による中程度から重度の疼痛管理1、2が適応症で、成人および2歳以上の小児患者を対象としています2。
「アセトアミノフェン注射液は、疼痛および発熱を軽減する治療法として広く認められており、この市場における選択肢の拡大に対する需要は極めて旺盛です」と、ロイカディア・ファーマスーティカルのCEOであるウィリアム・ラーキンス博士は、準備した声明の中で述べています1。
Mallinckrodt によると、アセトアミノフェン注射剤の治療を受けた患者における最も一般的な副作用は、成人では吐き気、嘔吐、頭痛、不眠、小児では吐き気、嘔吐、便秘、そう痒症です。2
重大な副作用としては、肝障害、重大な皮膚反応、アレルギーおよび過敏症が考えられます2

…続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。