さて、あなたはアメリカ随一の都市、サンディエゴを訪れることにしましたね。 ただ問題は、この街が提供する最高のものを体験するには24時間しかなく、めまぐるしい量のやることがあなたを圧倒していることです。 そんなあなたに朗報です。 滞在時間内であれば、まだまだ街の素晴らしい部分を堪能することができます。 以下のリストは、あなたに多くの選択肢を与えてくれます。 それぞれの場所で十分な時間と睡眠時間を確保するために、以下の目的地の中から3〜4ヶ所を選ぶことをお勧めします。 自分の興味に合わせて、自分に合ったスポットを選び、もし本当に冒険したい気分なら、5つ全部に挑戦してみてください(幸運を祈ります)。 それでは、サンディエゴでの24時間をどう過ごすか、ご紹介しましょう。 目覚ましが鳴る。 朝8時です。 一日の始まりの時間です。 朝の始まりは、サンディエゴのダウンタウンの北に位置するラ・ホヤへ向かいます。 カリフォルニア屈指のビーチを誇るこの豪華な海岸線は、あなたの1日の完璧な出発点となることでしょう。 私なら、朝の気持ちのいい空気を満喫できるパティオのある古風な朝食店「The Cottage」で朝を迎えます。 遅くなるほど行列ができるので、短い時間しか滞在できない場合は早めのスタートをおすすめします。 ビーチや崖のエリアをチェックし、さまざまな入り江や潮だまりを探検してみましょう。 運が良ければ、アシカやイルカの群れに出会えるかもしれませんよ。 サンディエゴでの滞在がもう少し長くなったら? ラ・ホーヤ・コーブ

la jolla cove

La Jolla Cove

ラホーヤを堪能したら、南下してサンディエゴの歴史に触れることができるオールドタウンに向かいましょう。 ここでは、古いモーテルをショッピングや食事に利用したフィエスタ・デ・レイスで、カラフルなヒスパニック文化に触れることができます。 オールドタウンには、アメリカで最も呪われた家といわれるホエイリーハウスをはじめ、魅力的な博物館がたくさんあります。 セラ博物館(Serra Museum)も、サンディエゴの歴史に関するスペインとメキシコの展示があり、ぜひチェックしておきたい場所です。 サンディエゴにいる間に、メキシコ料理を食べに行くのもいいかもしれません。 たくさんの選択肢の中から選ぶことができます。

さて、そろそろ午後の時間帯になってきました。 南下して、次の目的地であるバルボア公園に向かいます。 全米最大級の文化公園であるバルボア公園は、サンディエゴのシンボル的存在です。 スパニッシュ・コロニアル・リバイバル様式の建築物、博物館、ショップ、レストランなど、盛りだくさんの内容です。 植物園は自由に散策でき、素晴らしいエキゾチックな植物が展示されています。 これだけ歩いたら、きっと食欲も出てくるはず。 数マイル先のノースパークにある「Carnitas’ Snack Shack」に行って、受賞歴のある「Carnitas Tacos」を食べましょう。サンディエゴに来たら、「Carnitas Tacos」を食べずにはいられません。 そこへ行くには、サンディエゴのもう一つの宝物、サンディエゴ・コロナド・ベイブリッジを渡らなければなりません。 島に着いたら、全米でトップ10に入る白い砂浜で有名なビーチに行くことをお勧めします。 1888年にオープンしたホテル・デル・コロナドに立ち寄り、優雅で華麗なロビーを眺め、さまざまな写真や歴史の展示品を見て回るのもいいでしょう。 コロナドの夜を締めくくるのは、有名な鮮やかなサンディエゴの夕日です。

さて、楽しい冒険の一日はもうすぐ終わりますが、夜を華やかに締めくくる時間はまだ残されています。 サンディエゴのダウンタウンにあるガスランプ・クオーターに行くと、素晴らしいレストラン、バー、ナイトクラブがたくさんあります。 ディナーは「Blue Point Coastal Cuisine」か「Searsucker」がおすすめですが、「Gaslamp」には誰もが楽しめるレストランが揃っています。 まだ元気があるなら、「アルティテュード・スカイ・ラウンジ」で、サンディエゴのスカイラインとペトコ・パークを眺めながらカクテルを飲んで、夜を締めくくりましょう。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。