By Michael Ullman

Thanks to Octave and Mack Avenue Records, the significant section of pianist Erroll Garner’s storied career is back, sound better than ever.

Erroll Garner Octave Remastered Series on Mack Avenue Records. ドリームストリート(1959)、クローズアップ・イン・スウィング(1961)、ワン・ワールド・コンサート(1962)、キャンパス・コンサート(1962)、ニュー・カインド・オブ・ラブ(1963)、映画館の夜(1964)、ザッツ・マイ・キック(1966)、アップ・イン・エロールズルーム(1967)、フィリング・イズ・ビリービング(1969)、ジェミニ(1971)、マジシャン(1973)、ガーシュイン・アンド・カーン(1964・65・67)です。

ArtsFuseによるエロール・ガーナーのアルバム『Dreamstreet』『Closeup in Swing』『One World Concert』『A New Kind of Love』のレビュー

ArtsFuseによるエロール・ガーナーのライブ録音『NightConcert』のレビュー

この12枚のピアニスト音源を、ほぼリリース順の一覧にしていますが、そこにはあるバックストーリーがあるんですよ。 シリーズ第1弾の「ドリームストリート」は、ガーナーの歴史的な(そしてほとんどヒステリックなほど)人気を博したコロンビア録音「コンサート・バイ・ザ・シー」から4年後の1959年12月に2夜連続で録音されたものです。 ドリームストリートは、ガーナー自身のオクターヴ・レコードから発売された。 何があったのだろう。 ガーナーは、「自分のカタログをコントロールするために」闘争を始めることにしたのである。 彼は、自分をスターにした大企業、コロンビア・レコードと争っていたのである。 これはガーナーにとって立派に大胆な行動であったが、自己決定というのは彼の性格上、不可欠なものであった。 それは、ガーナーが何を経験し、なぜその戦いに価値があったのかを(間接的に)示唆している。 私たちは、ガーナーがスタジオに足を踏み入れないことで勝利を得たと聞いています。 「歴史に残るようなレコーディングの中断を経て、ガーナーはここに、彼の注目すべきレコーディング・キャリアの中で最も自由な演奏を披露している。 これらの面は、これまでに録音されたガーナーの演奏の中で、最も元気で、独創的で、感動的な演奏を具現化したものである。 即興演奏を多用するガーナーにとって、これらの作品の録音はかつてないほど自由な環境でした。 時間は関係なく、実験し、伸ばし、そしてただ “吹く “余地があった-彼個人の承認なしに素材がリリースされることはないという完全な確信のもとに。 2晩にわたるレコーディングの最初の日、彼と仲間のベース、エディ・カルフン、ドラムのケリー・マーティンは、夜10時から翌朝6時半まで演奏し続けた。 ガーナーはスタジオを休んだ。

明らかに気性の荒いガーナーの周りでは、伝説的な人物が育った。 (このピアニストは楽譜が読めなかった、あるいは少なくとも読めないと言っていたが、これはビバップの時代には必ずしも望ましい失敗ではなかった。 しかし、「頭で弾く」という事実が、彼のコンサートを訪れる観衆に親しみを持たせた。 また、即興演奏にうなるようなボーカルをつけるのも、ファンにはたまらない。 このほかにも、リスナーとの交流は実に多彩だ。 私が1961年に彼のアルバム『クローズアップ・イン・スイング』を買ったとき、最初に目についたのは、彼の手の込んだ音楽の紹介だった。 彼は自信たっぷりに話し始め、長々と話し続けるのだが、どの曲を演奏するのかがまったくわからないことが多い。 しかし、長い道のりの末に、「Just One of Those Things」でも「Sweet Lorraine」でも、おなじみのメロディーを弾くと、観客は笑い、拍手をして喜ぶ。

ピアニストとしての彼は、和音を踏み鳴らし、トレモロを唸らせ、突然音量を落とすという、紛れもない豪快さを持っていた。 メロディーを静かに奏でるのが好きだった。 左手は4分の4拍子のリズムを刻むが、いつも少し急ぎ足に聞こえる。 その一方で、彼はメロディーを創り出し、それを中断して、ドンドンと大げさな身振りで、オクターブのダブルタイムのパッセージや、氷のような単音でラインを刻んでいた。 また、コーラスの終わりには大きなクレッシェンドをつけ、そのあと必ずピアニッシモに落とす。 彼のスタイルは、大きなコントラストがすべてであった。 クローズアップ・イン・スイングに収録されている「セントルイス・ブルース」では、パイルドライバーで作ったような刺すような和音の連打で始める。 そして、W.C.ハンディの有名な曲の最初の部分をラテン・スタイルで演奏している。

もちろん、彼のレパートリーには自作曲もあり、彼は「Misty」の作曲者であるが、ほとんどはよく知られたスタンダード曲や「Oklahoma on Dreamstreet」のメドレーなどのショーチューンを次々と演奏している。 チャーリー・パーカーとの西海岸でのセッションは有名だが、バップやハードバップのレパートリーを避ける傾向があった。ガーナーほどバド・パウエルに似ていないサウンドはなかなかないだろう。 しかし、その後、ハービー・ハンコックの「Watermelon Man」やジョビンの「The Girl From Ipanema」(いずれも『Up in Erroll’s Room』収録)など、彼なりのやり方でいくつかのジャズ・ヒットを手掛けた。 しかし、全体として、彼のレパートリーは、ルイ・アームストロングやレスター・ヤングのようなスイングミュージシャンが演奏してもおかしくないもので、ここにある多くの曲は、その両方によって演奏されたものである。 (例外は『Feeling Is Believing』に収録されているBlood, Sweat and Tearsの「Spinning Wheel」)

Garner は1921年にピッツバーグで生まれました。 1977年に心臓の病気で他界。 彼は双子だったが、6人家族の中で音楽的に真剣に競争していたのは兄のリントンで、彼はピアニストとして1946年に有名なビリー・エクスタイン・オーケストラとレコーディングを始めた。 その頃、ほとんど独学のエロールは、チャールズ・ディケンズが神童と呼んだであろうミニキャリアを積んだ後、ニューヨーク市に移っていた。 現存する最初の録音は、ティミー・ローゼンクランツの自宅で行われたものである。 これらはかつてClassicsからErroll Garner 1944と1944, Volume Twoとして発売されていた。 (他の初期録音はComplete Savoy Mastersに収録されている)彼のトリオはマンハッタンに到着してすぐにヒットしたのである。 彼はあちこちに出没した。 1945年には、スラム・スチュワート、ジョージ・オールド(ディジー・ガレスピーをフィーチャー)、そして最も印象的だったのはサックス奏者のドン・バイアスのバンドと録音している。 1947年2月17日には、チャーリー・パーカー楽団と共演し、”Cool Blues “を制作、また、人気歌手アール・コールマンの “This is Always “をサポートしました。 1950年にはコロンビア・レコードと契約し、ミッチ・ミラー指揮のオーケストラで彼の「ミスティ」を再録音した。 コロンビアでは、「パリス・インプレッション」など多くの録音を成功させた。

しかし、60年代には、彼は望み通り独立した。 彼が振り返ることはなかったと思います。 (コロンビアのスタイルと自分のレーベルで演奏していたスタイルとを区別できるかどうかはわからないが、彼にとっては違う感覚だったに違いない)。 オクターブが行ったのは、12枚のガーナーのLPを巧みにリマスターし、未発表のカットを加えたものです。 Now Playing, One World Concert, Dreamstreet, Campus Concertはトリオ録音で、GeminiではトリオにコンガのJosé Mangualが加わっている。 私には、トリオ編成がガーナーにとって最も自然なように思えるが、彼のリズムセクションは、彼が曲に取りかかるのを控えめに待っている時間が長い。 A New Kind of Love』では、ガーナーが同名の映画のスコアを(ほとんど)演奏している。 この映画はポール・ニューマンとジョアン・ウッドワードが主演し、リース・スティーブンス指揮のオーケストラとガーナーのセッションである。 ベテランの編曲家ピート・ルゴロが、ガーナーの “Mimi “のように、いくつかの編曲を手がけている。 興味深いのは、大所帯になったためか、トリオ・セットに比べると、ガーナーのサウンドが奇抜でなく、個性的でなくなったことだ。 しかし、これは素晴らしい曲集であり、5曲はガーナーの作曲である。 ピアニストが作曲した曲を紹介するという趣向だが、私のお気に入りは、1930年にエセル・ウォーターズがジャズ界に紹介したタイトル曲「You Brought a New Kind of Love to Me」の心地よい穏やかなスイングである。 この曲は、後にビング・クロスビー、フランク・シナトラ、ペギー・リーなどが録音しており、決して消えることはない。

ガーナーはリズム・ギター、複数のパーカッショニスト、ベテラン・ベーシストのミルト・ヒントンを含むバンドを前に、「ザッツ・マイ・キック」で再び彼のうなり声を披露している。 ガーナーのウィットに富んだ作曲の “Nervous Waltz “がむしろ好きだ。 アップ・イン・エロールズ・ルーム』の最初の音はベーシストによるもので、”ウォーターメロン・マン “の下地を作っている。 ここではガーナーにブラス・クワイアが加わっている。 イントロではピアニストが “I Got Rhythm “をマンボにしているような場面もある。 それに続く “True Blues “は、ガーナーがブルースをほとんど録音していないことを指摘しているのが印象的である。 Feeling Is Believingでは、名ベーシスト、ジョージ・デュヴィヴィエを脇役に据え、リズムセクションを充実させた。 アップテンポの “Strangers in the Night “や、ガーナーの “Mood Island “を珍しく繊細に演奏している。 アルバム『Magician』には、ノーマン・ゴールドのオルガンが時折使われるとともに、もうひとつの注目すべきブルース “It Gets Better Every Time “が収録されている。

オクターヴとマック・アベニューのおかげで、ガーナーの輝かしいキャリアの重要な部分が、かつてないほど良い音で蘇ったのである。 彼の魅力を要約するのは難しい。 ガーナーは礼儀正しい。彼のスタイルは50年代に決まるとほとんど芽が出なかった。 しかし、このピアニストはいつも楽しそうで、その爽快感は伝染する。

マイケル・ウルマンはクラシック・クラリネットを学び、ハーバード大学、シカゴ大学、ミシガン大学で教育を受け、英語の博士号を取得した。 ジャズに関する2冊の本の著者または共著者であり、ジャズやクラシック音楽について、Atlantic Monthly、New Republic、High Fidelity、Stereophile、Boston Phoenix、 Boston Globeなどに寄稿している。 ディケンズ、ジョイス、キプリングなどに関する記事は、学術誌にも掲載されている。 20年以上にわたり、ファンファーレ誌に隔月でジャズコラムを執筆しており、同誌ではクラシック音楽の批評も行っている。 タフツ大学では、英語学科で主にモダニスト作家について、音楽学科でジャズとブルースの歴史について教えている。 ピアノは下手くそ。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。