A matter of Timing

このテサロニケ人への第二の手紙と見られるものは、どのような事情から生じたのでしょうか。 最初の手紙の到着からどれほどの「時間」が経過したのでしょうか。 この手紙の挨拶文が最初の手紙のものとほとんど同じであることや、この短い手紙を貫いているパウロにとってやや奇妙な「裁き」のテーマなどに注目する現代の読者にとっては、この「タイミング」の疑問が生じるかもしれません。 このような比較は、パウロの仲間や信奉者が彼の名前でこの手紙を書いた、後の「時期」を示唆しているのかもしれません。

どのような “タイミング “であれ、ざっと読むだけでも、ストレスの多い “迫害と苦難”(1:4)を受けて、善を行い続ける闘いの中で「あきらめ」たり「疲れる」(3:12-13)ように誘惑する共同体を明らかにします。

A Time for Thanksgiving
オープニングテーマの「感謝」は純パウルです。 しかし、ここでは、感謝は、”信仰 “と “愛 “の特徴的な印によって識別される共同体の贈り物に属する “義務”(オフェイロメン)、義務です(パウロは、「私たちは感謝する義務がある」と言っています;1:3)。 信仰が “豊かに成長し”(ここでのユニークな強調語は、パウロのお気に入りの工夫-動詞に “超成長 “を示唆するようにhyper-という語を前置する-を示しています)、その互いへの愛が増加し続けているキリスト教共同体のための感謝のための正しい時です

パウロの言葉は、感謝のいくつかの側面を思い出させるものとして出てきました。 第一に、キリスト教共同体における感謝は、常にどこか直感に反しています。 時代」が良いとき、人は生命を創造し維持する神の贈り物を簡単に忘れてしまいます。 悪い時には、感謝すべき事柄のリストを作成するのは困難です。

A Matter for Boasting
遊び場で乱暴を働いた幼い子供を優しくもしっかりと励ます母親のように、パウロの愛の腕は今この共同体を包み、励ましています。 憐れみを避け、激しい迫害と苦しみの中で「堅忍不抜」(「すべて」という言葉がその偉大さを強調している;1:4)、堅忍不抜を全教会に自慢するようになった彼らを褒めるのである。

おそらくパウロは、私たちの世界と同じように、分裂、憎しみ、疑惑に悩まされ、信仰をあきらめたり、隣人への愛の配慮のためのエネルギーを失う危険性のある共同体を感じているのだろう(3:13参照)。 8031>

目的を持った祈り
“このために、私たちはいつもあなたがたのために祈っています。”

目的を持った祈り(Prayer with a Purpose) (1:11)パウロの祈りは、この世で起こることに対する神の配慮と関心に対する確信、その確信が当たり前であってはならないことを表している。 私が信仰を離れたのは……神への信仰と、私の周りで見た世界の状態とが、もはや調和し得なかったからです。 そのような共同体は偶然に起こるのではありません。 神の意図的な臨在と召命によって設立され、この信仰共同体の忠実さと不動心によってこそ、愛と憐れみの行為を実らせる神の力によって支えられています(「神はあなた方をその召命にふさわしい者とし、成就される…」1:11)。 これは「厳しいこと」であり、弱虫のやることではありません。 このような働きは、「決意」と「信仰」(ここで使われているギリシャ語のエウドキアは、確固たる、積極的な決断という意味を持っている)にかかっているのである。 それは神の賜物であり、より広い信仰共同体の中で維持される祈りに応えるものである

最後に、そのような決意と良い行いはそれ自体が目的ではない。 それは、キリストの名が栄光を受け、その代わりにキリストがその名を冠した共同体に栄光を与えるという相互の栄光をもたらすものである(1:12)。 これらのことが、文学的にも神学的にも、神の恵みと愛の枠組みの中に位置づけられるのは偶然ではない。 「

On Whose Authority
lectionaryに割り当てられた読みは、おそらく「裁き」というやや不快または厄介なテーマのため、5-10節をスキップします(1:5)。 作者は現在の苦難を「あなたがたを御国にふさわしい者にする」という神の正しい意図の一部として語り、あなたがたを迫害する人々は「神を知らず」、「私たちの主イエスの福音に従わない」ために「その日」最後には罰せられると約束しています。「

このような強い審判のイメージから、多くの人がパウロのこの手紙の著者であることに疑問を持ち、表現された視点が、黙示録のような終末論的イメージがより顕著である初代教会の後期に属するものではないかと考えています。

For the Preacher
含まれていてもいなくても、手紙全体は教会に対する迫害と苦しみの時間を想像して、世界における悪の破壊的現実を指摘しているのです。 イエスのたとえ話における岩場に蒔かれた種のように、パウロの共同体は、公正である神への信仰を危険にさらし、神の世界で愛し仕える召命を遂行し続ける危険な時代に生きています

パウロの言葉は、この共同体に希望と信仰をもって「そこに頑張る」ようにと呼びかけています。 すべての兆候に反して、神は忠実であり、悪は最後に罰せられるのです。 その間、互いの感謝と祈り、そして互いに愛の行為に携わるという共通の決意が、この共同体を築き上げ、支え続けているのである。

最後の提案:ペンテコステ23、24、25日の聖書朗読は、基本的にこの短い手紙の全体を含んでいるので、これは説教者にこの手紙に関する3部構成の機会を提供します:

第1章:

第1章:迫害と苦しみの中にある堅い信仰と愛(神と私たち)に対する感謝(1:3-4参照)

第2章:救いに選ばれ希望を与えられた(2:13、16)

第3章:正しいことをして疲れない(3:13)

1 Bart D. Ehrman, Jesus, Interrupted: Revealing the Hidden Contradiction in the Bible (and Why We Don’t Know About Them), (New York: Harper Collins, 2009) 17.

1 Bart D. Ehrman, Jesus, Interrupted: Revealing the Hidden Contradions in the Bible (and Why We Don’t Know About Them).

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。