HONOLULU – ホノルルは、野良鶏の対処に初めて挑戦し、1羽を捕殺するのに108ドルのコストがかかったことから、より良い方法を模索することに決めた。

ホノルル市が野生の鶏を捕獲するのが難しいと判断した理由の一つは、市が支払う職員が入ることを許可されていない、市の敷地から州や私有地に逃げ込むからだと、スターアドバタイザーは火曜日に報じた。

副顧客サービス部長ランディー・レオンは、市は私有地に入る権限を持っておらず、仮に入れても、責任問題があると述べている。

「ユーモアを交えた話ではないが、実際、鶏はしばしば道を渡り、国や連邦政府の財産、コンドミニアムやストリップモール、集合住宅などの私有地に入っていく」とLeong氏は述べた。 もし、市の業者が住宅地に入り込み、住宅から住宅へと渡り歩くようなことがあれば、市は無数のクレームにさらされる可能性があります」。「

カーク・コールドウェル市長の政権は、市議会議員に迫られた後、この問題を再度検討するために州と協力すると述べた。

議会予算委員会を率いる東ホノルル議員のトレバー・オザワは、市が16万ドルを市全体の野生鶏軽減プログラムのために確保することを提案した。

小沢氏はコールドウェル社の関係者に、野良猫の問題に取り組むことは中核的なサービスであると考えていると語った。

「それは公衆衛生と安全、そして市民の一般福祉です」と、小沢氏は述べた。

市は2年以上前に、市有地の野良ニワトリに対処するためのパイロットプログラムを開始したとLeong氏は述べた。

8万ドルの最初の契約は、2015年8月から11月まで続き、電子トラップ、カメラ、監視を使って公園、ゴルフコース、施設から670羽のニワトリを捕獲したと市当局は述べている。 2つ目の契約は、同じく8万ドルで、2016年2月から6月まで、807羽のニワトリを捕獲する結果となり、そのほとんどは、市が最も苦情を受ける公園や都市林の現場からでした。

その後、捕獲したニワトリは、米国獣医学協会が承認した方法で、安楽死させる閉鎖室に入れられ、殺されたと市当局は述べています。

両方の契約はサンドイッチアイル・ペストソリューションとのものでした。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。