1) 京都への行き方

京都観光の前に、まずは京都へ行かなければならない。 東京など他の都市から来るか、関西空港(大阪にある)から直行するのが一般的でしょう。

日本の鉄道網は非常によく整備されており、京都の中心部まで行くのに全く問題はありません。 他の都市から来る場合は、ハイパーダイヤのウェブサイトで、最新の列車の時刻表と料金を確認することができます。 ホームページの左側で、京都駅へのルートを検索することができます。 関西空港から来る場合、JRの直通列車があります。特急はるかで、75分、3,370円(32ドル)、京都駅まですぐです。 他の都市から来る場合は、追加料金を払わないようにJRの列車に乗るようにする必要があります(あまり問題はないはずです)。 JRパスを持っていない場合は、指定されたルートのチケットを個別に購入する必要があります。以下のスクリーンショットでは、画像の左上に価格の例が示されています。

” 7日間、14日間、15日間を忘れずに購入してください。

東京→京都

東京→京都 Hyperdia Screenshot

関西→京都

関西空港→京都 Hyperdia Screenshot

” JRパスについてより詳しく説明しているJapan helpful tipsの記事を見てみましょう

2) How to Get Around

さて、あなたは街にいます。 いよいよ市内を移動することになります。 バス、地下鉄、タクシー、徒歩です。

バス

京都のバスネットワークは、控えめに言っても素晴らしいものです。 15以上の路線があり、街の隅々まで行き渡っています。 バス停は至る所にあるので、最寄りのバス停までそれほど歩く必要はないでしょう。 私は京都市内を移動する際、Google Mapsを利用しましたが、案内にはほとんど問題がありませんでした。 京都のバスを利用する際の注意点:

1) バス路線ではICカードが利用できます(ICOCA、Suica、Pasmoなど)。 ICカードは、日本全国で利用できるリチャージ可能なカードです(詳しくは、日本お役立ちガイドをご覧ください)。

2) JRパスを持っている場合、京都のバスはJRの高尾京北線を除いて、カバーされていません。

3) ICカードを持っていない場合、バスの中で個別に料金を支払いますが、一部のバスでは小銭を要求されます。

4) 京都でとても便利なのは、1日乗り放題のバスパスです。 600円で、一日中バスシステムを利用することができ、バスルートごとにお金を使う心配がありません。 つまり、1日に3本のバスに乗れば、もう元が取れてしまうのです。 バスチケットは駅の窓口で買うことができます。 また、市内の地下鉄2路線が乗り放題の1日または2日間のバス乗り放題パス(900円/1,700円)も販売されています。

5) 最後に、役に立つ情報です。すべてのバスではありませんが、ほとんどのバスは後ろから乗り、前から降りるように要求されます。

Kyoto Bus

Kyoto Bus

Subway

東京と違い、京都の地下鉄網はそれほど広くはないです。 東西に東西線、南北に烏丸線が走っているのみである。 JRパスは使えない)

地下鉄だけでなく、電車でも観光スポットに行くことができる。 電車というのは、他の都市に向かうものです(地下鉄は京都市内だけですが)。 例えば、伏見稲荷に行くなら、奈良行きの電車に乗って稲荷駅で降りればいいのです。

タクシー

京都滞在中、私はタクシーを利用しませんでした。 しかし、3~4人のグループであれば、公共交通機関に頼るのではなく、タクシーに乗る価値があるかもしれませんね。 また、あなたがしようとしているアトラクションにできるだけ近い地下鉄に乗り、その後、地下鉄の駅から迅速なタクシーに飛び乗る人気のオプションです。

徒歩

公共交通機関は素晴らしいとすべてですが、歩いてあまりにも驚異を行います。 私は京都で毎日バスに乗りましたが、毎日2万歩以上歩きました。

3) 京都での滞在先

京都には様々な地域がありますが、私は京都市街地や京都駅周辺に滞在することをお勧めします。 この地域には、様々な価格帯の宿泊施設があり、レストランやショッピングも充実しています。

京都の繁華街

以下、繁華街から徒歩圏内の中級・高級ホテル(徒歩20分程度のところもあり)です。 ロイヤルパークホテル京都三条

2. ホテルグランバッハ京都セレクト

3. 京都グランベルホテル

4. スーパーホテル京都・四条河原町

5. ネスト アット 錦 京都

1. ホテルアルザ京都

2. キザシ ザ スイート

3. ザ・リッツ・カールトン京都

4. ホテル・ザ・セレスティン

5. 三井ガーデンホテル京都新町別邸

京都駅

以下は、京都駅から徒歩圏内の中級・高級ホテルです。

中級・高級

1.ホテルグランヴィア京都

2.Sakura Terrace The Gallery

3.Kyoto Century Hotel

4.Almont Hotel Kyoto

5.HOTEL MUSEUM

6. イビススタイルズ京都ステーション

Booking.com

4) Helpful Travel Tips

この京都3日間の旅程の一部として様々なアトラクションについての詳細を読む前に、私は都市であなたの時間について行くときにいくつかの役に立つヒントについて触れたいと思いました”

” 電話サービスがない場合、ポケットWiFiを取得して調べてみてください。 京都市内を移動するための道案内はかなり重要なので、接続しておくと便利です。

” 京都は街の隅々にまでお寺がひしめき合っています。 テンプレ化することもあるので、以下に挙げた自分にとって多すぎると思うものは、行きたいものを選んでください。”

” 後述のお寺を見るとき/自分で調べるとき、お寺によっては有料のところと無料のところがあること、また、特定の場所に入るのは有料だが、それ以外は敷地内を自由に歩き回ることができることに注意。 私はそうして、一日の終わりにリラックスするのに十分なスペースのある素晴らしいアパートを手に入れることができました。 ホテルはかなり割高になるので、常に別の選択肢も持っておきましょう。

” 最後に、前述したように、私がまとめた日本のお役立ち情報をご覧ください。 京都での滞在に役立つ情報が満載です。

Kyoto Itinerary 3 Days

それでは、京都での3日間のアクティビティとアトラクションを紹介します。

5) 観光スポットとマップビュー

この3日間の旅程で巡る、さまざまな観光スポットのリストです。 その下に色分けされた地図があります。 次のセクションでは、それぞれの場所についてもう少し詳しく説明します。 銀閣寺

2. 哲学の道

3. 南禅寺

4. 知恩院

5. 丸沼公園・八坂神社

6. 高台寺

7. 二年坂・三年坂

8. 清水寺

2 日目

1. 金閣寺

2. 龍安寺

3. 天竜寺

4. 嵐山竹林

5. 嵐山モンキーパーク

3 日目

1. 錦市場

2. 二条城

3. 皇居

4. 伏見稲荷

そして忘れてはならないのが祇園への出陣です!(笑) (詳細は後述)

注意: この京都での3日間をきっちりこなさなければならないとは思わないでください。 1)日をずらす、2)アトラクションを移動する、どちらも自由に行ってください。

6) 京都1日目

京都の1日目は、京都の東の端に焦点を当てます。 バスに乗って銀閣寺に行き、そこから1日をスタートさせるだけです。 始点の銀閣寺から終点の清水寺まで、見どころ満載の散策ルートです。 8:30AM~5:00PM(12月~2月は4:30PM)
拝観料:500円

京都で最も有名な寺院の1つが銀閣寺です。 1482年に足利義政によって建てられた銀閣寺は、実は義政の祖父が建てた金閣寺をモデルにしたもので、おそらく京都で最も有名なお寺です(詳細は2日目に)。 しかし、銀閣が銀色であることを期待してはいけない。

境内に入り、参道を歩き始めると、美しい砂庭、様々な伽藍、苔庭、上からの見晴らし、そしてもちろん銀閣寺が湖面に映っているのが目に入ります。

銀閣寺砂の庭

銀閣寺の眺め銀閣寺

哲学の道

今日の最初の寺院を終えたら、次は哲学の道を南下する番である。 この2kmの道は小さな運河沿いで、途中には美しい自然がたくさんあります。 運良く桜の季節に訪れたなら、桜の花が道いっぱいに咲き誇り、市内で最も華やかな場所のひとつになることでしょう。

哲学の道

哲学の道京都

南禅寺

拝観時間/料金: 南禅寺は入場無料ですが、一部の建物は入場料が必要で、入場時間が異なります。 最新の拝観料・拝観時間はこちらをご覧ください。

南禅寺は単なる寺院ではありません。 境内は広大で、じっくりと時間をかけて見ることができます。 境内への入場は無料ですが、いくつかの建造物や複合施設に実際に入るには料金が必要です。 例えば、三門は外から見ることができるが、上からの眺めを楽しみたい場合は、入場料が必要である。 このほか、ほとんどの場所で同じことが言える。 そして、大きな石造りの水道橋もお忘れなく。

南禅寺門

南禅寺水路閣 京都

知恩院

営業時間: 9:00AM~4:30PM(建物、境内は常時開放)
入館料: 無料

南禅寺の後は、知恩院に向かいます。 このお寺は無料で、素晴らしい建築物を見ることができます。

知恩院

知恩院建築

マラヤ公園・八坂神社

寺院の探索が終わったら、マラヤ公園へ向かいましょう。

八坂神社

八坂神社

高台寺

開園時間: 9:00AM~5:30PM
拝観料: 600円

もう一つのお勧めは、高台寺です。 砂の庭、池、寺院の建物、小さな竹林など、ユニークで手つかずの自然が残っている。

高台寺の砂庭

高台寺

二年坂と三年坂

寺院巡りの後は、二年坂と三年坂へ向かいましょう。 高台寺から歩いて5分ほどのところにある、二年坂と三年坂を散策してみましょう。 この2つの通りには、小さな食料品店や地元の商店など、たくさんのお店が並んでいます。 この通りを歩いている人たちを眺めるのも楽しいものです。

注意:清水寺は午後6時に閉まりますので、この素晴らしいお寺を見逃さないよう、その日のうちに覚えておいてください。

二年坂三年坂 京都

二年坂三年坂

清水寺

開館時間……………………………..午後6時 6:00AM – 6:00PM
入館料: 400円

一日の締めくくりは、清水寺の伽藍へ。 五重塔、音羽の滝、そしてもちろん本堂もあります(本堂は2020年3月まで足場が組まれています)。 そして、最後に忘れてはいけないのが、景色です。 本堂の展望台から、また他の建造物を巡る際には、様々な場所から街を見渡すことができます。

清水寺の入り口

清水寺の眺め清水寺

時間があって興味があれば、さらにいくつかの寺院を追加することもできます-法然院は哲学の道からすぐにある無料の寺院、そこから少し南に行ったところにある永観堂はその途中の寺院です。

7) 京都2日目

京都での2日目は、金閣寺や嵐山竹林など、京都を訪れる際に「必ず」訪れたい場所を巡りましょう。 金閣寺と嵐山竹林は、京都の中でも特に観光客が多い場所なので、混雑が予想されます。

注意:今日はバス/地下鉄網も利用するので、1日バス券を購入すると数ドル節約できます。

金閣寺

営業時間。 9:00AM – 5:00PM
Entrance Fee: 400 JPY

金閣寺に向かうバスに乗り、金閣寺を目指します。 金閣寺は、銀閣と違い、金色をしている。 金閣寺は美しい池のほとりにあり、遠くから眺めることも、すぐそばで見ることもできます。

金閣寺

京都金閣寺

なお、私はピーク時に訪れましたが、京都で最も混雑した観光スポットでした。 人が多すぎて、あまり臨場感を味わえなかった。 そのため、もし開館時間に早く行こうと思ったら、その日のうちに最初に行くことにしています。

龍安寺

開館時間。 8:00AM – 5:00PM (4:30PM December to February)
Entrance Fee: 500 JPY

金閣寺の後は、徒歩20分またはバスで竜安寺に向かいます。 龍安寺は、庭園と寺院のエリアだけでなく、15個のユニークな石がある有名なロックガーデンでもよく知られています。 龍安寺は、15個のユニークな石がある有名な石庭で知られています。展望台に座って、周りの静寂を楽しんでください。 この庭園のユニークな点は、どの場所から見ても、一つ一つの石を実際に見ることができないことです。 ぜひ、展望台を渡ってみてください。

龍安寺

龍安寺ロックガーデン

天龍寺

開園時間: 8:30AM〜5:30PM(10月下旬〜3月下旬は5:00PM)
拝観料:500円

さて、京都の2つの名所を見たところで、次は嵐山方面へ移動しましょう。 もっと時間があればよかったと思う場所です。 この京都の3日間の旅程のために、私はいくつかのしなければならないことを言及するつもりですが。 1339年に建てられ、京都で最も重要な禅寺です(世界遺産にも登録されています!)。

天龍寺

天龍寺

嵐山竹林

営業時間:午前9時~午後5時。 常時開館
入館料: 無料

お寺の後は、嵐山の竹林を見に行きましょう。 京都を調べていると、必ずと言っていいほど出てくるスポットのひとつです。 何千本もの竹林があり、素晴らしい自然の一部である一方、混雑がつきもの。

竹林は、一周するのではなく、お寺の裏側から入ることができます。 竹林の主な散策路はかなり短く、10分程度です。

Arashiyama Bamboo Grove

Arashiyama Japan

Arashiyama Monkey Park

開園時間:午前9時~午後5時。 9:00AM~4:30PM(4:00PM~)
入園料:550円木立や園内を散策した後は、川辺の散策や橋を渡って、川のエリアまで行ってみてください。 橋の向こう側は嵐山モンキーパークです。 このモンキーパークは動物園ではありません。 猿は檻に入れられておらず、自由に歩き回っている。

モンキーパークまでの道は20~30分の上り坂で、少し頑張る必要があります。 しかし、一旦登ってしまえば、たくさんの猿が歩き回っているのを見ることができるだけでなく、京都を眼下に見下ろす素晴らしい眺望を得ることができます。 猿を見たり、写真を撮ったり、景色を楽しんだりして、しばらく過ごしてみてください。 ルールを守ることも忘れずに。

Arashiyama Monkey Park Kyoto

Arashiyama Monkey Park

もし時間があれば、アダシノ念仏寺、オタギ念仏寺、ギオ寺など、他の見所もありますよ。

8) 京都3日目

錦市場

営業時間: 9:00AM – 6:00PM(日曜・水曜定休の店舗あり)

この数日間で、たくさんのことを見たり、したりしましたが、まだまだありますよ! 一日の始まりは、京都で最も有名な市場である錦市場です。 錦市場は京都の中心部にあり、基本的に数ブロックの通りを結ぶ長い通路になっています。 この通路をゆっくり進むと、あらゆる種類の食べ物が見つかるでしょう。 また、このマーケットには、様々なお店があり、その中から好きなお店を選ぶことができます。

錦市場

錦市場・京都

二条城

営業時間: 8:45AM – 5:00PM ただし時期により異なる
入場料: 600円

錦を食べ歩いた後は、二条城に向かいます。 1603年、江戸時代最初の将軍の居城として建てられた。 城に近づくと、巨大な堀が城を取り囲んでいるのが見えます。 城内に入ると、庭園、宮殿、門など、城のあらゆる場所を見学することができます。

Nijo Castle Kyoto

Nijo Castle Kyoto

Imperial Palace

Opening Hours: 9:00AM~5:00PM(4月~8月)、4:30PM(9月・3月)、4:00PM(10月~2月) – 月曜休館
入館料: 無料

次に紹介するのは、大きな公園エリアの一角にある京都御所です。 京都市内にありながら、広大な敷地を有しています。 公園内を散策するのもいいですが、皇居の中に入ることもできます。 この皇居は、1868年に京都から東京に首都が移されるまで皇族が暮らしていた場所です(東京の皇居も忘れずに見ておきましょう!)。

Imperial Palace Kyoto

Imperial Palace Kyoto

Fushimi Inari

開園時間: 午前9時から午後5時まで。 常時開館
入館料: 無料

前3つの観光スポットはすべて徒歩圏内にあるが、伏見稲荷は電車かバスで行く必要がある。 伏見稲荷は普通のお寺とは違う。山の上には文字通り何千もの赤い鳥居が並んでいる。 本殿でしばらく時間を過ごしてから、鳥居をくぐって山道を登っていくことができる。 上に行けば行くほど、人は少なくなっていきます。 頂上まで登ることもできるが、市街地を見下ろす最高のビューポイントは、四辻交差点だと思われる。

伏見稲荷

伏見稲荷夕日

BIGヒント:その日のタイミングによりますが、日没時間の少し前に展望台に上がる計画を立ててみてはいかがでしょう? 伏見稲荷で見る夕日は忘れられない光景です!

祇園

特定の日に追加するつもりはありませんが、京都にいるいずれかの夜には、ぜひ祇園に行くようにしてください。 祇園は芸者街として知られており、周辺には様々なレストランや茶屋がたくさんあります。 花見小路は、この地域で最も人気のある通りであり、ハプニングの多い通りです。 運が良ければ芸者さんに会えるかもしれませんよ!

祇園京都

祇園京都

9) 日帰り旅行

京都のもうひとつの魅力は、日帰り旅行の選択肢が豊富なことだ。 奈良、広島、宮島、大阪などです。

奈良

京都周辺でもう1日時間があるのなら、奈良に行くことを強くお勧めします。 電車で45分のところにある奈良は、訪れる人に多くのものを与えてくれますし、日本の他の都市を探索するには最適な場所です。 お寺を訪れ、庭園を散策し、鹿と友達になり、奈良を見下ろす展望台へ行き、餅つきを見ることもできます。 奈良は私の日本滞在のハイライトであり、あなたにもきっと気に入っていただけると思います。

” 奈良についてもっと知りたい方は、私がこのユニークな旅のために作成した京都から奈良への日帰り旅行ガイドをご覧ください。

若草山の鹿

若草山の鹿

広島

京都から少し離れたところに(約90分の電車)、広島がある。 第二次世界大戦末期、広島は長崎とともにアメリカによって原爆を落とされた都市の一つです。 広島への日帰り旅行は、その歴史をよりよく理解し、街を直に見ることができるチャンスです。 訪れるべき場所の多くは互いに近くにあり、非常に取りやすい場所となっています。 原爆の焦点となった原爆ドームや、新しく生まれ変わった原爆資料館など、原爆とその余波に関する膨大な量の生の証言を見学することになります。

” 広島についてもっと知りたい方は、サイト内の「広島1日コース」をご覧ください

京都→広島

京都→広島

宮島

広島からそう遠くはない宮島へも行けますよ。 電車とフェリーを乗り継いで、宮島に渡ることができます。 宮島は赤い鳥居で知られており、潮の満ち引きによっては鳥居が浮かんでいるように見えることもあります。 また、奈良と同じように多くの鹿が島を歩き回り、ケーブルカーやハイキングで宮島の最高峰である弥山に登ることができます。

” 宮島についてもっと知りたい方は、私がまとめた宮島日帰り旅行の記事

京都から宮島

京都から宮島

注:日帰りで広島の旅をひとつにまとめられるようです。 この場合、京都を早めに出発する必要があり、途中でいくつかのことを省略する必要があります。

大阪

最後に、東京に次いで日本で二番目に大きな都市である大阪に行くことができます。 こちらはもう少し都会の雰囲気がありますが、様々な食べ物で知られるこの街をゆっくり散策したり、食べ歩きをしたりすることができます。 また、大阪城や道頓堀通りなど、一日中楽しめるスポットもあります。 この3日間の旅程では、京都が提供するさまざまなものを満喫していただけることでしょう。 東京、箱根、白川郷など、他のガイドもぜひご覧ください。

また、「日本7日間」「日本10日間」「日本14日間」の3つの旅程に、京都を追加することも可能です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。