By Lisa Rapaport, Reuters Health

4 Min Read

(Reuters Health) – 夜間呼吸障害としてよく見られる睡眠時無呼吸症候群の人々は内蔵の加湿器を使用すると夜間の気道を開いたままにする治療継続につながる傾向があるとスウェーデン研究者が示唆した。

適切に治療されていない無呼吸症候群は、日中の過度の眠気、心臓発作、心不全、早期死亡のリスク上昇と関連しています。 多くの場合、患者は、睡眠中に上気道が崩壊しないように、気流で気道を開くスプリントとなる持続的気道陽圧(CPAP)を提供する機械に接続されたマスクによる治療を処方されます

患者がこの面倒な治療に固執するかどうかに影響する可能性がある要因を確認するために、研究者は2010年から2017年にCPAPを処方された1万6425人の追跡調査を行いました。

治療を開始して1年以内に、1,527人(約9%)の患者が機械の使用をやめ、さらに2,395人(約15%)が、処方通りに一晩中ではなく、平均2時間半しか使っていませんでした。

しかし、最初から加湿器内蔵のCPAPマシンを使用していた患者は、治療を中断する可能性が43%低かったと、研究者はSleep Medicineで報告しています。

「鼻づまり、(鼻水)、口の乾燥といった上気道症状は、CPAPを使用している睡眠時無呼吸症候群の患者でよく見られ、CPAP失敗と関連している」研究の主執筆者であるDr. 加湿器はこれらの症状を軽減し、CPAP治療をより快適にします」と、パーム氏は電子メールで語った。 この研究結果は、より多くの医師が、治療開始直後の患者に加湿器付きCPAPマシンを提供するよう促すべきであると、Palmは述べています.

これはすでにより頻繁に起こっています。

患者がCPAPマシンを使い続けられるようにすることは、早期死亡のリスクを下げる方法かもしれないと、この研究は示唆しています。 この間、378人の患者が死亡した。

CPAPを使い続けた人は、治療を中断した患者よりも死亡する確率が26%低いことが、研究で明らかになった。

一般に、患者が高齢で、より重度の無呼吸があり、あるいは体重超過や肥満でも重度の肥満でない場合はCPAPに固執する傾向が強かった。 一方、女性や高血圧の患者は、治療を放棄する傾向が強かった。

この研究は、加湿器やその他の要因が、患者が治療を放棄するか固執するかを直接左右するかどうかを証明するようには作られていない。

「これをCPAPが死亡リスクを減らすという意味に解釈したくなるが、この発見の解釈には非常に注意しなければならない」とミネアポリスVAヘルスケアシステムおよびミネソタ大学のケン国崎医師は述べている。

「あらゆる種類の疾患における多くの研究が、治療を継続する人がより長く生きることを示しており、これにはプラセボ/糖衣錠を使った治療を継続することも含まれます」と、この研究に関与していない国崎氏は電子メールで述べています。

また、人々がCPAPを中止するかもしれないさまざまな理由があり、多くは加湿器で対処できる問題ではない、とシカゴのノースウェスタン大学ファインバーグ医学部の研究者であるKristen Knutsonは言った。

「たとえば不快感や閉所恐怖症の人もいれば、利益を感じない人もいます」と、この研究には参加していなかったKnutsonはメールで述べた。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。