8月12日(日)に学ぶ統一シリーズのテキストは2コリント8章7-15節で、エルサレムの教会のための資金集めに関して、パウロがコリントのキリスト者を励ました部分が書かれています。

7節で、パウロはコリントの人々に、彼らが「信仰、言葉、知識、熱心さ…」に優れていることを伝えています。 パウロは、コリントの人々に「お世辞」を言っているのだろうか? それとも、何か他のことが起こっているのでしょうか? 何? なぜそう思うのだろう?

パウロが7節で述べている超豊富と、9節の「私たちの主イエス・キリストの恵み深い行為」と、15節の荒野でのマナの言及の間に関係があるのでしょうか? どのような関係があるのでしょうか? パウロはこれらの例で何かを示唆しているのだろうか?

8節で、パウロは「他の人の熱心さに対して、あなた方の愛の真価を試している」と述べています。 この言葉に対して、私たちはどのように反応しますか。 私たち自身、人の行動から、その人の誠実さや愛情について結論を出したことがありますか? いつですか? どんな結論を出しましたか、またその理由は? パウロはここで何を求めていると思いますか? なぜ彼はそれを探しているのでしょうか? なぜそう考えるのでしょうか?

8節と10節で、パウロは命令ではなく、助言をしていることを記しています。 私たちは、人に命令したり指示したりするのではなく、助言をしなければならない、あるいはしたい状況に置かれたことがありますか。 そのような状況にはどのような特徴があったでしょうか。 (例えば、相手と自分の関係はどうだったのか? 私たちの動機は何だったのか?) その経験は、パウロがここで何をしようとしているのか、何か洞察を与えてくれますか? それはどんな洞察ですか?

コリントの人々が、命令に従って、あるいは助言や励ましに応じて献金を完了した場合、違いが生じますか? どんな違いがありますか。 なぜでしょうか。 私たちはここで、コリントの人々と似ていると感じますか、それとも彼らとは違うと感じますか。

13節 & 14節の「公平なバランス」とは、どのような意味に見えますか? それは何を含んでいますか-つまり、「公平なバランス」は何の公平なバランスですか。 何がそのような印象を与えるのでしょうか。 この公平なバランスは、9節の「私たちの主イエス・キリストの恵み深い行為」と関係があるのだろうか。 15節の荒野のマナと関係があるのでしょうか? それは何でしょうか? なぜ、そう言えるのでしょうか? この公平なバランスは、私たちとどんな関係があるのだろう? なぜそう考えるのだろうか。

会話の中の人物の絵

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。