世界中の講義室では、ノートパソコンが一般的です。 2014年10月13日、ドイツ・フランクフルト・アム・マインのヨハン・ヴォルファング・ゲーテ大学で講義を聴く学生たち。 Thomas Lohnes/Getty Images hide caption

toggle caption

Thomas Lohnes/Getty Images

世界中の講義室では、ラップトップが一般的になっている。 2014年10月13日、ドイツ・フランクフルトのヨハン・ヴォルファング・ゲーテ大学で講義を聞く学生たち。

Thomas Lohnes/Getty Images

ノートパソコンがより小さくユビキタスになっており、タブレットの出現により、今日の多くの学生にとって手でノートを取るという考えは古くさく感じられるだけです。 ノートをタイプする方が速いので、メモする情報がたくさんあるときに便利です。 しかし、昔ながらの方法で行うことには、まだ利点があります。

ひとつには、研究によると、ラップトップやタブレットには気が散りやすい傾向があります。 そして、ある研究は、手でノートを取るときはもっとゆっくりしなければならないという事実が、長い目で見れば、より有用であることを示しています。

「ノートをタイプするとき、彼らは逐語的にノートを取ろうとする傾向があり、講義の内容をできる限り書き留めようとします」と、ミューラーはNPRのレイチェル・マーティンに語っています。 「私たちの研究では、手書きのノートを取っていた学生は、より選択的になることを余儀なくされました。 ミューラーとオッペンハイマーは、ノートの取り方は、生成的なものと非生成的なものの2つに分類できることを挙げています。 生成的なノートテイキングは「要約、言い換え、コンセプトマッピング」に関係し、非生成的なノートテイキングは何かをそのまま写すことに関係します。

そして、そもそもなぜノートテイキングが有益なのかについては2つの仮説が存在します。 1つ目の考え方は、エンコーディング仮説と呼ばれるもので、人がノートを取っているときに「発生する処理」が “学習と保持 “を向上させるというものです。 もう1つは、外部記憶仮説と呼ばれるもので、自分のノートや他の人のノートを見返すことができることによって学習するというものです。

人は書くよりも速くタイプできるので、ノートパソコンを使用すると、聞いたことをすべて書き写そうとする傾向が強まります。 そのため、一方では、ミューラーとオッペンハイマーは、より完全な、書き写された自分のメモをラップトップで見ることができるという利点が、その情報を処理しないことによる欠点を上回るのかどうかという問題に直面しました。

最初の研究では、大学生(心理学の標準的なモルモット)を連れて行き、さまざまなトピックについてのTEDトークを見せました。 その後、ノートパソコンを使っていた学生は、手でメモをとっていた学生よりも有意に多くの単語をタイプしていることがわかりました。 また、情報をどれだけ記憶しているかを調べたところ、質問の種類によって大きく異なることがわかりました。 日付のような単純な事実を記憶させる問題では、両グループとも同じような結果が得られました。 しかし、「日本とスウェーデンでは、社会における平等への取り組みがどのように違うか」といった「概念的応用」問題では、ラップトップ使用者は「著しく悪い」結果でした。

2番目の研究では、ラップトップを使用している学生に、物事をそのまま書き留めないよう特に伝えた場合でも、同じことが起こったのです。 「逐語的にメモを取るべきでないことを伝えても、その本能に打ち勝つことはできませんでした」とミューラー氏は言います。 そして、外部記憶仮説を検証するために、3番目の研究では、講義とテストの間にノートを見直す機会を与えました。 もし学生がノートパソコンでノートを勉強する時間があれば、長文で書く学生よりも広範なノートをタイプしたという事実が、もしかしたら彼らのパフォーマンスを向上させるかもしれないと考えたのです。 「このような研究は、賢明な大学生がノートブックに戻り始めることを意味するのでしょうか? 「しかし、Livescribe やさまざまなスタイラス、タブレット技術のような多くの技術が開発され、ますます良くなっています。 大学生やそのような世代の人々には、より簡単に売り込むことができると思います」

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。