脂肪燃焼のために有酸素運動をする場合、最大心拍数の65%~70%の範囲に収めたいものです。 スタミナと有酸素能力を高めることが目的なら、85%を目指します。 簡単なことです、誰でも知っています。 でも、どうやって最大心拍数を決めるのでしょうか? 何十年も前から、220から年齢を引いた値=最大心拍数というシンプルな計算式があります。

しかし、ブッシュ大統領のような人物を考えると、この式にはいくつかの皺があります。 55歳では220-55=165が最大心拍数であるはずだ。 問題は、広く公表されている毎年の健康診断では、この人の心拍数は180に近いということです。 これはどうしたことだろう? また、ブッシュの本当の最大心拍数が標準式から8%程度ずれているとすれば、あなたのいわゆる70%や85%も同様にずれている可能性があるということになりませんか?

ハーバード大学のMen’s Health Watchは昨年、この問題に新しい光を当てる解説を発表しました。 コロラド州の科学者たちが運動テストの実態調査を行い、あらゆる年齢の男女18,712人の結果を検証したのです。 この現実のデータをもとに、彼らは新しい数式を考え出したのです。

    最大心拍数 = 208 – (0.7 x 年齢)

これは18歳から81歳までのすべての健康な男女に適用されるはずです。 さて、ブッシュ大統領は年齢の割に例外的に健康で、今でも予測される最大値を超えています。 それにもかかわらず、新しい計算式の方がより正確であるように見える。

シンプルな目標心拍数計算機
208 – (0.7 x 年齢) 式を使用

カルボネンの式は、安静時心拍数も考慮するためより高度なものです。 これは完全に安静にしているときの心拍数です。

高度な目標心拍数計算機
カルボネン式を使用する。

  • 年齢については、1年分を使ってください。 (0と100の間)
  • 次のボックスに安静時心拍数を入れてください。 (30以上100未満)
  • %の欄は50以上85以下の数字を入力してください。 %は含めないでください。
  • 計算ボタンをクリックすると、目標心拍数またはそのパーセンテージを計算します。

では、実際問題として、これはどういうことなのでしょうか。 この差は若い人と高齢者で最も大きく、40代半ばの人は、昔の計算式と同じ数値が出ます。 しかし、20歳の場合、最大心拍数は200ではなく194、つまり最大心拍数の70%=140ではなく136、最大心拍数の85%=170ではなく165となる。 これでは、次に有酸素運動をするときにトレッドミルをセットアップするときに違いが出てしまいます。 65歳の場合、最大心拍数は153ではなく163、最大心拍数の70%=107ではなく114、最大心拍数の85%=130ではなく139となります。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。