目的:東南アジア諸国におけるアイケアサービスプロファイルの2015年状況を2010年データと比較し、世界保健機関グローバルアクション計画2019達成への準備状況を判断した。

方法: 国際失明予防協会のカントリーチェアと最近のPubMedの参照論文から情報を収集した。 データには、失明と弱視の有病率、国の眼科医療政策、眼科医療費、国際NGOの存在、眼科医療従事者の密度、白内障手術率およびカバー率などが含まれる。 最後の2つの重要なパラメータは、2010年のデータと比較されました。

結果。 11カ国の委員長のうち10カ国が情報を共有し、28のPubMed参照文献が評価された。 失明の有病率はブータンで最も低く、東ティモールで最も高かった。 白内障手術率はインドとスリランカで高かった。 白内障手術のカバー率はタイとスリランカで高かった。 東ティモールを除くすべての国で眼科医の数が増加したにもかかわらず、人口比が適切(10万対1)だったのは10カ国中4カ国(ブータン、インド、モルディブ、タイ)のみで、都市と農村の格差があるためあまり恩恵は受けられなかった。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。