前述のように本種は肉食性である。 小さな膀胱の罠を使って、無防備な獲物を吸い込みます。 その食性は多様で、膀胱の罠に入るものなら何でも食べます。 ある研究論文では、動物(ワムシ、クラドセラ、カイアシ、環形動物、根粒動物、小型昆虫)と「植物」(珪藻類、緑藻類、藍藻類、ユーグレナ類)の両方を餌としていると報告している。

残念なことに、これらの植物は自生域をはるかに超えて導入されています。 多くの地域で、それらは侵略的と見なされるほど普及しつつあります。 たとえば、ニューヨーク州のアディロンダック山地で行われた研究では、導入されたU. inflataの個体群の存在が、栄養循環、堆積物の化学的性質、および全体の純基礎生産性に著しい変化をもたらすことがわかりました。

この種は、よく観察する価値のある、非常に優れた種です。 とはいえ、私のような趣味人であれば、どんなに素晴らしい種であっても、それが自生していない地域には決して放さないということを覚えておくことが非常に重要です。

Photo Credit: Dr. Mark Whitten,

Further Reading:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。