気管軟化症の治療は、その重症度、位置、原因、内視鏡画像によって大きく左右されます。

その治療は数ヶ月かかることもあり、慢性的に気道全体に影響を与える最も難しい状態のひとつです。 この疾患は、気管支の関与の有無にかかわらず、近位(上)または遠位(下)気管に影響を及ぼす可能性があります。 長い遠位気管気管支軟化症は治療がより困難である。

軽症例は時間とともに改善する。 胸部の大きな血管や腫瘤による気管の圧迫が原因であれば、外科医が手術を検討することになります。 このような外因性の原因がない場合は、マスクとCPAP(Positive Airway Ventilation)による治療となります。 マスクを使って、潰れた気道に空気を送り込み、肺に酸素を供給します。 この処置を必要とする期間は様々で、患者によって異なります。

気管切開による衰弱は、手術(気管切除と吻合)により治療します。

スイス国外の患者には、長距離の旅行と各国の保険政策を考慮した体系的なフォローアップ計画が作成されます。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。