添付の論文で述べた包括的アプローチを、ここでは食塩水中の牛血清アルブミン(BSA)の濃厚溶液の23Na信号とNa(+)負荷酵母細胞の高密度懸濁液の細胞内の23Na共振を例示して説明しています。 我々は周波数シフト試薬を用いて、後者を細胞外共鳴と識別した。 その結果、Nai信号は単一のc型スペクトルを示すNa+イオンの有効な単一集団の信号であることがわかった。 これは、酵母の原形質があまりにも大きく、区画化されているため、あるNa+イオンがNMRの時間スケールでその全体をサンプリングすることができないにもかかわらず、事実そうなっているのである。 この結果は、横方向の磁化の減衰に加えて、縦方向の磁化の回復が2xponentialであることを明確に示している。 これはタイプcのスペクトルに必要なことだが、これまであまり検出されてこなかった。 Nai共鳴の緩和率定数の温度依存性は、単純なDebye過程とも、高速極限で2つのサイトをつなぐ離散的な交換機構とも一致しない。 我々は、Nai核が感知した電場勾配の揺らぎに対する相関時間の非対称連続分布を用いてデータをフィッティングした。 44% (w/w) BSA溶液中のNa+の類似の分布関数は、同じ温度でのNaiの分布関数と非常によく似ている。 このことは、Naiイオンの高分子環境はかなり輻輳しているが、かなり小さな空間スケールでは等方的であることを示唆している。 また、緩和データをフィッティングして得られた相関時間分布関数を用いて、リラクソメトリー曲線を算出することができる。 実験的な23Naリラクソメトリーは難しいので、これは有用である。 計算された曲線は、生体内で遭遇するほとんど細胞外の23Na共鳴の妥当なモデルとなりうる。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。