腰痛は慢性疼痛の代表格で、生活の質を著しく損なうことがあります。 しかし、健康的で栄養価の高い食事などにこだわり続けることで、痛みを和らげ、気持ちをぐっと楽にすることができるのです。

炎症

炎症には、良い面と悪い面があります。 ケガや感染症に対しては、免疫系にシグナルを送り、ケガを修復したり、感染症を撃退したりと、良い役割を担っています。 しかし、バランスを崩した免疫系は、炎症を暴走させる。 慢性炎症は、糖尿病や癌などのいくつかの病気に関連しており、また、腰痛につながる可能性があります。

健康な消化器系は、良い筋肉系を確保することができ、あなたの消化に影響を与えるものは、またあなたの筋肉に影響を与えることができます。 多くの食品は、腰痛の一般的な原因である炎症に影響を与えることが分かっています。 つまり、したがって、炎症を誘発する食品や食材は、食事から排除するか制限する必要があります。 これらには、以下のようなものがあります。

1. 保存料

多くの食品の貯蔵寿命を延長するために、添加物や防腐剤が追加されます。 これらは、背中の関節に影響を与える免疫反応を誘発し、背中の痛みにつながる可能性があります。 カルボキシル基、パラベン、セルロース、安息香酸、ソルビン酸カリウムを含む食品に注意してください-すべて体に炎症を起こす作用があることが分かっています。

2.砂糖

砂糖は炎症を引き起こす最大の原因の一つですが、最も減らすのが難しいものの一つです。 (乳製品や果物に含まれる天然の糖分は除きます)食事に含まれる糖分は、直接的にも間接的にも炎症を引き起こす可能性があります。 例えば、大量の砂糖はインスリンレベルを上げ、慢性的にインスリンのレベルが高くなると、炎症につながります。

毎日、糖分の多い食品を食べていると、糖分とインスリンが慢性的に高くなり、関節が常に炎症にさらされた状態になります。 砂糖の摂取を減らすことは、最初は難しいかもしれませんが、長期的には大きな利益をもたらします。

3.赤肉

ホットドッグ、ソーセージ、ベーコンなどの赤肉、ハンバーガー、人気の加工肉は、高い炎症と関連しており、腰痛に悩む場合は避けるべきです。 赤身の肉には、炎症を促進するNeu5GCと呼ばれる糖質が含まれています。 炎症とその後の痛みを軽減するために、これらの食品の摂取を減らすことは賢明なことでしょう。

健康的な食事はそれほど難しいものではありません。 上記の肉製品の消費を減らし、むしろ抗酸化物質と健康的な脂肪を多く含む、以下のような未加工の食品に集中しましょう。

  • 果物、特にベリー類全般
  • 濃い緑の葉野菜
  • ナッツ、穀物、豆類
  • 魚や亜麻仁などのオメガ3食品

食べたものをすべて日記にして、それを元に腰痛の程度を記録してみてはいかがですか? 健康的な食事をするようになれば、腰痛の程度に明らかな違いを感じ始めるかもしれません。

腰痛が最も少ない人は、定期的に運動し、健康的な体重を維持し、適切な食事をしている人であることを心に留めておいてください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。