HIGH COURT JUDGMENT / ORDER is follows:

Hear Mr. Balbir Singh, learned senior counsel appearing for petitioner and Ms. S. Linhares, learned junior standing counsel appearing for respondents

2 ルール.1. 被告人側に出廷した学識ある弁護士は送達を放棄する。 学習した弁護士の同意を得て、直ちに聴取する

3. 請願者は、特に、State Bank of India、ICICI Bank Ltd.に発行された2017年1月16日と2017年1月17日の通知の破棄と無効化を要求しています。

4. 簡潔に言えば、上記請願の主題は、請願者によると、法第 143(3) 項の下で完了し、それぞれ Rs.12.85 crores と Rs.21.61 crores の税要求を提起した 2011-12 および 2012-13 年の評価に関するものである、と請願者は主張する。 評価命令は、それぞれ2014年3月14日および2015年3月30日に下されました。 さらに、申立人は被申立人 1 に対して、特に、係争中の課税の原因となった問題の殆どが上訴機関の様々な決定により申立人に有利に解決されていることを指摘し、当該評価年の課税の停止を求める詳細な申請を行ったと主張する。 その後、2014年4月24日及び2015年4月24日頃に、それぞれ2011-12及び2012-13の2つの評価年度について、申立人はコミッショナー(上訴)に対して上訴を行い、現在、その処分が保留されています。 その後、申立人によると、2017年3月1日に被申立人1号は申立人に対し、前述の要求を含む様々な評価年度について40.25クローネの要求が未決である旨の書簡を発行しました。 詳細な回答が申立人によって提出され、特に、Rs. 10.の回収が行われたことが記載された。74 croresは既に回収されており、申立人によれば、CBDTが29-2-2016の日付のOffice Memorandumで定めた15%((2016)132 DTR (St) 341 : (2016) 284 CTR (St) 6)及びWrit Petn.で可決したAndrew Telecornrnunications India (P) Ltd. v. Principal Commissioner & Ors. における当裁判所の決定をはるかに超えているとのことである。 No. 1021 of 2016((2017)295 CTR(Bom)557 : (2017) 152 DTR (Bom) 80-E.J. しかしながら、申立人は、係争中の需要の原因となった問題のほとんどが申立人に有利に解決されており、回収は不可能であり、予断を持たず、CBDT Office Memorandum date 29-2-2016 に基づき、係争中の需要の15%以上が2011-12年度及び2012-13年度の評価で既に回収されたと指摘して、被告人第2号に対して申立書を提出した、と請願者側は主張している。 CBDTによって発行されたOffice Memorandum date 29-2-2016の観点から、総需要の15%以上は回収できないことが認められましたが、被申立人No.2は申立人に被申立人No.3にアプローチするよう指示し、当該申立は却下されるに至ったのでした。 詳細な請願書は、その後、18-1-2017に被申立人3号に対して提出され、前述の事実を開示した。 しかし、空白期間中に、16-1-2017 と 17-1-2017 のどこかで被申立人 No.1 は銀行に対して法第 226(3) 条に基づく問題の通知を発行し、申立人の銀行口座、すなわち SBI の口座番号 31753129234、ICICI Bank Ltd. の 136405000027 および HDFC Bank の 12130310000107 をアタッチメントで封鎖した。

5. 上記通知により不愉快になったため、申立人は上記の申立でこの法廷に訴えました。 申立人の代理人であるMr. Balbir Singhは、彼によると、係争中の需要の15%以上が既に回答者のために確保されているため、回答者が申立人の口座を添付して、係争中の指示を出すことは全く正当化されないと指摘しています。 さらに、上訴が委員会(上訴)に係属中であるにもかかわらず、被申請人1号は誤って申立人の前記銀行口座の差押えを進めたと指摘します。 さらに、学習した上級弁護士は、Andrew Communications India (P) Ltd.の事件における当裁判所の判決に鑑み、申立人のこの苦情はもはやres Integraではないと指摘します。 (一方、被告側の弁護士であるMs.Linharesは、係争中の差押命令に基づく返還額の15%以上に相当する10.74億ルピーが申立人に支払われていることに異議を唱えていません。 また、弁護人は、本件の事実がAndrew Communications India (P) Ltd.の事実と同一であることに異議を唱えていない。 (supra).

7. 我々は、学習した弁護士の提出物を聴取し、記録にも目を通した。 当裁判所は、Andrew Communications India (P) Ltd.のケースにおける同判決に記載された理由により、以下のように判断した。 (supra)の同判決に記載された理由と、そこでの事実が本件の事実と同一であることに争いがないため、本申請において反対の見解を示す理由はない。 確かに、係争額の15%は既に被申立人-Revenueによって回収されており、そのような額はOffice Memorandum dt.によってカバーされている。 29-2-2016 によって発行された CBDT によってカバーされています。 このような状況では、被申立人が法第226条(3)に基づき帰属する差押え通知を通過させることは正当化されないと判断される。 このような指示に従って差し押さえられた金額の払い戻しを求める現段階での申立人の主張は、全く正当化されず、本申立で認めることはできません。

8. 申立人に代わって登場する学識経験者は、対象評価年度の実際の係争額、および払い戻し命令に基づいて回収された金額を示すメモを記録に残しており、この数字は、回答者に代わって登場する学識経験者によって異論がないものでありました。 同メモは識別のためXと表示されている

9. 以上のことから、2011-12 年および 2012-13 年の評価年度に関して、法第 226 条(3)に基づき、State Bank of India, ICICI Bank Ltd., および HDFC Bank に対して発行された問題の通知日 16-1-2017 および 17-1-2017 は破棄され無効とされる。 ルールは上記の条項で絶対的なものとする

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。