未来的でありながら安全なデザインをご覧ください。

Cailey Rizzo

2020年4月24日

コロナウイルスが航空業界に多大な影響を与えたように、航空産業もその影響を受けています。 パンデミックが収まれば、飛行機がどのように新しい安全基準を確保するかについて、大きな違いが出てくると思われます。

コロナウイルス後の世界で混雑した空間にいるときの解決策として、イタリアの航空機内装製造会社Aviointeriorsは、社会的距離を置くための要件を満たすデザインを発表しました。 このデザインは、今年ハンブルクで開催される航空機内装品展で発表される予定でしたが、パンデミックの影響で中止となりました。

ひとつは、ローマ神話の二面性のある神の名をとって「ヤヌス」と名付けられた新しい座席のコンセプトです。 ヤヌスの座席案は、真ん中の座席を機体後方に向けて回転させる二面性のある座席です。 アビオン・テリオーズによると、真ん中の座席を包む透明なシールドは、「隣り合わせに座る乗客の間に最大限の隔離を確保する」ものだという。

ヤヌスの座席デザイン
ヤヌスの座席デザイン。 –
ヤヌスのシートデザイン。

Aviointeriorsが提案したもうひとつのシートデザインは「Glassafe」と呼ばれ、既存の飛行機のシートの上部に取り付ける透明な繭のようなものです。 この取り付け可能な気泡は、「乗客と乗客の間の空気を介した接触や相互作用を回避または最小化するために、乗客の周りに隔離されたボリュームを作り出す」ことで機能するといいます。

 The Glass Safe seat design.
The Glass Safe seat design.
The Glass Safe seat design. The Glass Safe seat design. – 提供:Aviointeriors
The Glass Safe seat design.

両製品はすでに特許を取得しており、Aviointeriors社は生産の準備が整っていると述べています。

今後数カ月のうちに、全体として旅行の仕方が変わってくるかもしれませんが、ホテルも部屋や公共空間の清掃や消毒に関して、新しいプロトコルを制定しはじめました。

トラベル+レジャーのコロナウイルスに関する最新情報はこちら

カルチャー+デザインに関するすべてのトピック

T+Lにサインアップ Just In

Travel+Leisure編集部から最新のトラベルニュース、フライト情報、旅のアイデアをお届けします

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。