Binghamton University Professor of Psychology Meredith E. Coles と元大学院生 Jessica Schubert(現在ミシガン大学医学部)は、強迫性障害と診断された20人と閾値以下の強迫症状支持者10人の1週間の睡眠時間をモニターした。 参加者は睡眠日誌を記入し、強迫観念や儀式化された行動に対するコントロールの度合いを毎日評価した。 研究者らは、前日の就寝時刻が、翌日の強迫観念や強迫行為をコントロールするための知覚的能力を有意に予測することを見出した。

「我々は、このような異常な睡眠のタイミングが認知機能にどのように影響するかに非常に興味を持っています」と、シューベルトは述べた。 「1つの可能性は、衝動的な制御です。 睡眠のタイミングをずらすことで、思考や行動をコントロールする能力が低下するかもしれません。そのため、強迫観念に特徴的な侵入的思考を退けることが難しくなり、強迫観念による不安を軽減するための強迫行為を控えることがより困難になるかもしれません」

研究の参加者は平均して夜12時半頃に就寝していました。 睡眠相後退障害の基準を満たした患者(サンプルの約40%)は、午前3時頃に就寝していました。

「8時間の睡眠を取ることになっていることは常に知っていましたが、それをいつ行うかが重要だとは聞いていませんでした」と、コールズ氏は述べています。 「この違いは、睡眠時間の概日構成要素に非常に特異的であるように思われることが、私にとって印象的でした。 間違った時間に睡眠をとることで具体的な悪影響があることがわかったのですから、これは一般の人に教育すべきことです」

研究者たちは、この現象をさらに調査することに関心を持っています。 Coles氏は、ライトボックスを使って人々の就寝時間をずらすパイロットデータを収集することを計画しています。 「これは、実際に就寝時間をずらし、それによってOCD症状が軽減されるかどうか、また、侵入思考に抵抗する能力が向上し、それに対する強迫観念が生じないかどうかを確認するための最初の取り組みの1つです」

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。