現代の飛行機は一人当たりのスペースがどんどん狭くなっており、空の旅は快適とは言い難い試練となっているようです。 長時間のフライトは乗客にとって不快なだけでなく、生命を脅かす可能性もあります。長時間、静止していると、深部静脈血栓症(DVT)になる可能性があります。 DVTになると、足や深部静脈にできた血栓が溶けて、深刻な合併症を引き起こし、死に至ることもあります。

幸い、機内で健康で楽しく過ごすための簡単なエクササイズがあります。 そして何より、座席や通路で、あまり変な格好をせずにできるのがいい。 次のフライトでは、これらの10の動きを試して、あなたの体を最高の状態に保ちましょう。

ネックロール

座席に座ったまま、ゆっくりとあごを胸に落とします。 頭を反時計回りに5回回転させます。 その後、反対方向に繰り返します。 さらに首のストレッチとして、左手を頭のてっぺんに置き、左側に軽く引っ張ります。 右側も同様に行う。

ショルダーロール

両腕を横に置き、リラックスした姿勢で腰を下ろす。 肩をゆっくり前に5回まげます。

Shoulder Stretch

通路に立った状態で、背中の後ろで指を組みます。 少し前かがみになり、両腕をできるだけ高く上げます。 これを5回繰り返す。

前屈

この運動は、シートベルトのサインが消えて、ベルトを外せる時間を選んで行う。 座ったまま、お腹を思いっきりへこませます。 ゆっくりと前傾姿勢になり、両手を床まで伸ばします。 ゆっくりと体を起こして、座った姿勢に戻ります。

Calf Raises

座席に座ったまま、足を90度の角度にします。 つま先立ちになるまで、かかとを床から浮かせます。 さらに抵抗力をつけるには、立ったまま隔壁か2つの座席につかまって、同じ運動をします。 これを10回繰り返す。

Toe Raises

カーフレイズの逆である。 かかとを床につけたまま、つま先をできるだけ高く上げる。 可動域を広げるために、靴を脱いで行います。

Ankle Rolls

座ったまま、足を地面から離します。 足首を反時計回りに回転させる。 10回繰り返した後、方向を逆にします。

四頭筋ストレッチ

立ったまま右手で座椅子につかまり、左膝を曲げて足首をつかみ、背中の後ろに引き上げます。 大腿四頭筋を伸ばし過ぎないように、優しく行いましょう。 6844>

トイレでスクワット

通路でスクワットをすると変なので、これは飛行機のトイレで行う(まず便器の蓋を下ろす)。 ドアの方を向いて、太ももが地面と平行になるまで膝を曲げ、立ち上がります。 これを10回繰り返す。

歩く

シートベルト着用サインが消えたら、最低でも数時間おきに機内を歩く機会を持ちましょう。

追加情報:長時間の国際線フライトでは、段階的着圧ソックスを着用するのも良い方法です。 この特別にデザインされたソックスは、足首がきつく、ふくらはぎは少し緩めになっています。

あなたのお気に入りの旅行運動は何ですか、そして、長いフライトでどのように動き続けますか?

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。