CHAPTER 5

2サムエル記上5章1-5 . 各部族はダビデをイスラエルの王に任命する

1, 2. そして、イスラエルのすべての部族、すなわち各部族の有力者が集まってきた。 彼の軍事的才能は十分に証明されていた。 ダビデ王はヘブロンで彼らと同盟を結んだが、それは主に新しい王朝の開始時、あるいは簒奪後の王家の復活時に結ばれる(2列王11:17)。 それは宗教的な厳粛さを伴っていたようである

第2サムエル5:6-12 。 王とその部下はエルサレムへ行き、エブス人に向かった。 この地は強固に要塞化されており、難攻不落と考えられていたため、盲人と跛行者を城壁に配置し、ヘブライ王の攻撃を嘲笑し、「ダビデはここには入れない」と叫ばせたのです。 この侮辱的な嘲りの完全な意味と力を理解するためには、ギホンの谷の深さと険しさ、そして古代カナン人の要塞の高い壁を心に留めておく必要があります。

7 シオンの要塞–シオンが一般的に呼ばれる南西の丘であれ、神殿山の北に現在平らな頂であれ、それはあらゆる方向から目を引く高くそびえるもので、エルサレムの「丘城」「岩場」であると言えるでしょう。

8. 樋に上る者はだれでも」–これは地下の通路を意味すると考える人もいれば、包囲者がしばしば門の木工に施した火に水を注ぎ、その突起によって熟練した登山者がうまく昇ることができる噴水と考える人もいる;第三のグループは、「絶壁にダッシュする者は」(1歴代11:6)という言葉を表現している。 ダビデはその砦に住み、&c.征服した後、その名を「ダビデの町」と変え、征服の重要性を示し、その出来事の記憶を永続させるためにした。
ダビデはミロから内側を一周して建設した。おそらく、シオン山の北側に置かれた石の塁の列で、街の下部にまだ住んでいたエブス人からその側を守るために、ダビデが建設したのであろう。 ミロの家は、おそらくその要塞の主要な角塔であったと思われる。 ヒラムは. …大工と石工を送った–ティリアの建築家と機械工の流入は、長く続いた戦争の混乱によって、優れた職人階級がイスラエルで衰退したことの明確な証拠である

2サムエル5:13-16.ヒラムは、…大工と石工を送った–ティリアの大工と機械工は、イスラエルで最も優れた職人階級である

2サムエル5:13-16. 1175>

13.彼に生まれた十一人の息子たち。 ダビデはさらに多くの妾と妻を連れて行った–この行為によって、ダビデはイスラエルの王が自分のために妻を増やすことを禁じた明白な律法を犯した(申命記17:17 )

2サムエル5:17-25 . ペリシテ人がダビデをイスラエルの王に任命したことを聞いたとき–サウル家とダビデ家の間の内戦の間、あの落ち着かない隣人たちは、その争いを静かに見守っていたのであった。 しかし、今、ダビデに嫉妬し、彼の政府が完全に確立される前に彼を攻撃することを決意した。

18. レファイの谷–すなわち、「巨人の」、中央山脈から北西に向かって徐々に下る、広くて肥沃な平原であった。 エルサレムへの進軍路であった。 ダビデが下った「砦」は、「侵略者の進行に対抗することができるいくつかの要塞のある場所」であり、そこで彼は象徴的に彼らを倒した

21. 彼らはそこに彼らの像–おそらく彼らの「ラレ」または家の神々、彼らは彼らのために戦うために戦場に持ってきたもの–を置いた。 彼らは律法(申命記7:5)で定められたように焼かれた。

22. ペリシテ人はまた上って来た–翌年、彼らはより大きな軍隊で敵対する試みを新たにしたが、神は明らかにダビデに有利になるように介入された。

24. 桑の木の頂上で行く音–現在では一般に桑の木ではなく、他の木、おそらくポプラと考えられている、それは湿った状況を好み、その葉は空気のわずかな動きでさらさらと揺れる。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。