争われたパス・・(左から)カーナンバー26、3番のヘリオ・カストロネベスを(アウト側から)追い抜く・・レース終了時の写真。

2002年インディアナポリス500のレース終了後、Helio Castronevesのパスを開始するPaul Tracy(左)

INDIANAPOLIS – 2002年インディアナポリス500は、その黄色信号論争で長く知られることになるであろう。

イエローライトは、ポール・トレーシーがターン3でヘリオ・カストロネベスを抜いた199周目に点灯したのか、それともその後に点灯したのか?

この議論は、カストロネベスがウィニングレーンに行き、王座を守るのに成功してから6週間続きました。 カストロネベスは2001年にチーム・ペンスキーからルーキーとして参戦し、優勝している。

ターン2で先行車の後ろにアクシデントが発生し、イエローシグナルが点灯した。

トレーシーにとっては1995年以来の500レースとなった。

この500では、コースのコンクリート壁を覆うSAFER(鋼と泡のエネルギー低減)バリアがデビューしました。 また、このような弊順の弊順は、弊順の弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の嶄で弊順の? USA TODAYスポーツ

より

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。