私の2人の息子は、ほぼ正確に3年と3カ月離れています(実際にはあと3日です、3人揃って!) – 3は私のラッキーナンバーなので、私はこの年の差が私たちにとってうまくいくだろうと前向きになっていましたが、幸いにもそれは間違っていませんでした。
私はいつも子供たちの年齢が近いと思っていて、もし状況が違っていたら、タイラーはちょうど1歳8ヶ月で兄弟ができたと思います。
年の近い赤ちゃんを持つ親御さんは脱帽です。皆さんスーパーヒーローだと思いますが、私には向かないと思います。それに、ボーを妊娠していると知ったときの罪悪感、タイラーに3年間しかママでいてあげられなかったひどい母のような気持ちから、もし私が続けて別の赤ちゃんを産んだら、対処しきれないでしょう ちなみに、このマミー・ギルトは、狂った妊娠ホルモンのせいです。
3歳の年齢差には、たくさんの意味があります。これから3歳の年齢差を経験する人、どんな感じか興味がある人のために、私たちが経験したポジティブなことをいくつかシェアしようと思います。
最初の子どもが3歳になる頃に妊娠したことで、子どもは私たちの誕生が近いことや、母親が日中昼寝をするようになったことをより理解できるようになりました。 実際、彼は私の昼寝に付き合ったり、私の隣に座って静かな時間を過ごしたりするのが好きでした。 それは本当に素晴らしいことで、私はこの時期を「ママとタイラーの時間」として、最後の数ヶ月を懐かしく思い出しています。
3歳3カ月になり、弟が生まれると、タイラーは、私が入院している間、なぜお母さんのところに行かなければならないのかを理解できるようになりました。 私がまた子供を産むと知っていたため、タイラーはこの時期をとても辛いものだと感じていたようです。 タイラーは何にでも好奇心旺盛な時期なので、赤ちゃんは彼にとって大きな興味の対象であり、純粋に赤ちゃんに興味を示し、抱きたがったり、触れ合ったりしています。 また、弟のことをとても大切にしていて、その姿はとても愛らしいです。 タイラーは3歳3カ月になると、いろいろな名前を知っていて、生まれてくる赤ちゃんの名づけを手伝えるようになりました。 実際、彼はボーという名前を聞くやいなや、私の赤ちゃんをいつも「ボーちゃん」と呼んでいたので、私たちは彼に赤ちゃんの名前をつけることを許可しました。
3歳の子供と小さな赤ちゃんを持つことは、実はとても簡単なことなのです。 3歳の子どもは週5日午前中プリスクールに通っているので、彼が習い事に行ったり、友達と遊んだりしている間、私は赤ちゃんと触れ合う時間があります。 赤ちゃん用のおしりふきやダミー、おもちゃを渡してくれるのがとてもうれしいようで、積極的に手伝ってくれるのがうれしいです。 正直なところ、タイラーはトイレトレーニングにかなり苦労していましたが、今はおむつなしです。つまり、私は毎日おむつを1セット交換するだけです。 私はブログで、5週目からどうやって赤ちゃんを夜通し寝かせるようにしたかを紹介しましたが、ありがたいことに、二人とも一晩に平均12時間寝てくれます – 皆に睡眠を、やったー!
最初の子から3年後まで子供を持たなかったので、最初の子供と完全に絆を築く機会がありました。 しかし、この3年間をタイラーに捧げることができて本当によかったと思います。
3歳になったタイラーは、私が授乳や赤ちゃんの世話に追われている間、自分自身を楽しませることができるようになりました。 タイラーは3歳になってからバギーに乗らなくなったので、ボーが生まれたとき、2人乗りの乳母車は必要なくなり、私の美しいシルバークロスの乳母車を押しながら、タイラーが私の隣を歩いてくれるようになりました。 バギーに乗せたり、2人とも私の腕の中にいたがるよりもずっと楽なんです。
以上が、私が経験した3歳差のポジティブな点です。それぞれの家庭で違いがあるので、他の人はもっと小さいか大きいか、いろいろ言うと思いますが、私たちにとっては3歳が魔法の数字でした。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。