Dear You
Please pick me up, read me
Don’t discard me, don’t overlook me
Don’t judge me, don’t misunderinterpret my pleas
I just want you to understand.I want you to understand.I want me to give me up, read me, ただ何かを知ってほしいのです
他の人が把握できない何かを
あなたが最初に知るという名誉を私に与えてくれませんか
最初に認め、最初に応えるという
この手紙を天に向かって認め、ただ校正してください
私は彼らが許さないであろう嘆願を持っています
しかし彼らがどう反応するか見当もつかないなら決してわかりません
Dear You
あなたは私を助けてくれるでしょうか?
Dear You
will You help me?

彼らに尋ねたいことは何だろう?
もし私がこう言ったら、きっと彼らが私にするように、あなたは笑ってくれるでしょうか?
もし俺が言ったら、俺を喜ばせるために真顔で付き合ってくれるのか?

よし、始まった
彼らに…その…お願いしたい…できれば不老不死にしてほしい…

ほら、やっぱりあなたは私の演出に笑って、私の信念を軽蔑した
でもここであなたを許す、ただ私に話させてほしい
ただここで私を解放…(息を吸って、吐いて)
時間切れだ!
このままじゃ、私は死んでしまう!
恐ろしくて、自分の平凡な仕事に追われ、
この時代の変化、人生の違いに気づかない
日常の虐待を見たことがないのか
一日一回は、別れの響きが支配する
どこかで、別の幽霊が通りかかるために雨が降っている
炎のない火が起きているのだ。 大きな衝撃を与える機械の群れ
若い体にまた一つ穴が開いた
あるいは、さらにもう一つ謎の死がある
何が悪いのか医者にもわからない
この生命の循環を補充するために、増え続ける幼児の津波が押し寄せる
しかしそれは、生き始めていない人々
あるいは無欲に生きる人々にとって公平ではない
我々は別世界に存在するのか? やり直しは可能なのか
この世界は滅びると言われている
陰謀や路地裏の秘密を通して
私たちの小さな小さな可能性の領域で
すべての人生後の疑問は。 誰も答えてくれない
混乱を和らげてくれるエリクシアのようなゾンビもいない
死によって、自分の死生観に疑問を持つようになった
眠るのが怖いかもしれない、自分の知る限りの夢を見たら
突然音が聞こえなくなってしまう
私はこの時に目覚めるはずなのだ。
Dear You
Is my point across
I may be a coward but rather ask to try at least
or be too scared to finish this
Every knowing silence…

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。