ディナープレートの上の遺産-教会&貴族が出会う場所

忘れられたリグーリアの町が食の伝統を思い出す

リグーリア、クロセッティパスタ用スタンプ

ピケッティ家の300年続くクロセッティスタンピ。

まず、このおかしな言葉を整理しておくと、クロセッティはリグーリア州の特別なパスタの一種である。 リグーリア州の特別なパスタで、スペルが下手な人に配慮して、corzetti、crozetti、corzeti、croseti、croxettuとも呼ばれることがある。 ペスト、ミートソース、ホワイトナッツソースのいずれかが提供されますが、常に歴史とともにあります。 丸くて薄い、そしてシンボルマークが浮き彫りになっている。 その昔、十字軍の十字架をモチーフに、1250年頃に登場したジェノベーゼ金貨を模したシンボルマークが伝統的に浮き彫りにされており、それが名前の由来になっている。 その後、ある賢いクロゼッティ職人が、リグーリア地方の貴族の食欲を刺激するために、クロゼッティに十字架の代わりに紋章を入れたことから、イタリア料理の歴史に新たな1ページが記されることになった。

リグーリア地方のパスタ名物、職人技のクロセッティ。

リグーリア州のパスタの名物、職人技のクロセッティ。

さて、私たちは、ヴァレーゼ・リグレのかわいい町の通りを歩きながら、すべてを知っていたと信じてもらいたいのですが、それは本当ではないでしょうね。 実は、600年前のアーチ橋(グレチノ橋またはポンテ・ロマーノ橋**)に向かってぶらぶら歩いていたとき、小さな木工所の窓に引き寄せられたのです。 入り口のドアを開けると、長い工具台と旋盤が片側に置かれた広い作業スペースがあります。 ドアの近くのテーブルには、奇妙な丸い彫刻が施された木片と、正当な理由でキッチンから引退した傷だらけの古いまな板が置かれています。 まな板の上には、実演に使う灰色の粘土が少し積まれている。 9845>

Pietro Picetti, croxetti stamp maker, Varese Ligure

Signor Picetti croxetti pasta stamps.

Signor Picetti show how the engraved pieces of wood customize your pasta.私たちは、気さくに声をかけてくださったPietro Picettiさんに、クロセッティについていろいろなことを教わることができました。 クロセッティのスタンプは2つあり、1つは底がくぼんでいて、もう1つは小さな中央の持ち手がついています。 パスタを薄く伸ばし、スタンポの底の部分で丸く切ります。 この丸いパスタを2つのパーツの間に挟み、持ち手の部分を押さえます。 すると、自分のマークが入った丸いパスタ(または粘土)のできあがりです。 昔は貴族の家の紋章だったが、今は何でもいい。 ピケティさんは、ある学校のためにクロセッティのスタンピを作っていた。 9845>どうやって作るのか聞くと、彼は私たちを店の奥に案内し、丸い木片を挟む万力のそばに立ち、ノミを手に取りました。 ゆっくりと、丁寧に、確実に、精巧な小麦のデザインに仕上げていく。 完成したら、パスタがくっつかないように、やすりをかけ、蜜蝋を薄く塗り、バフがけをして仕上げるのだそうだ。 パスタがくっつかないように、蜜蝋を薄く塗り、バフで仕上げるのだそうだ。 展示テーブルには、300年以上前のピケッティ家のスタンプもありました。

ピエトロ・ピケッティ、クロクセッティスタンプメーカー、ヴァレーゼ・リグレ

リグーリア州ヴァレーゼ・リグレの彼の工房でクロクセッティパスタスタンプにデザインを刻むピエトロ・ピケッティ。

クルミ、ビーチ、ナシという3つの木材を使って手作りされているクロクセッティスタンピは、そのどれもが、とても美しいものでした。 私たちは、片面に円形の麦束、もう片面には雪の結晶のような精巧なデザインが施された洋ナシ材バージョンを選びました。

リグーリア州クロゼッティパスタ用スタンプ

ハンドメイドの洋梨クロゼッティ用スタンプです。 30ユーロで食べ放題。

やみくもに手を出す前に、本物を試してみようと思い、クロゼッティを1パック購入してみました。 今回購入したものは、パスタの両面に同じデザインが施されており、パスタ生地に卵を使用していないものでした。 ペストジェノベーゼを買ってきて、インゲン豆を150グラム(柔らかくなるまで茹でる)、ジャガイモを150グラム(薄く切る)、パスタ(クロセッティなど)を300グラム(野菜と同じお湯で茹でる)使用しました。 この3つの材料を大きな温かいボウルに入れて、お好みでペーストを加え、必要ならスプーン1~2杯の煮汁でほぐせば、30分ほどで本格的で美味しいリグーリア料理「クロセッティ・アル・ペスト」の出来上がりです。
旅のヒント______________________________________

イタリアでレンタカーを借りることです。 自宅で都市部を運転していれば、イタリアでも運転は可能です。 レンタカーの価格は重要ですが、価格の安さだけを基準に借りず、有名な会社にこだわりましょう。 2つの記事でご紹介しています。 リンク リンク:Independent Car Rental Reviews for Italy and Link:Car Rental Tips for Italy – Pick It Up Right
_____________________________________________________

More Info

Croxetti pasta with green beans pesto

Croxetti al Pesto (w.). CC by F.Ceragioli

Pietro Picetti氏は現在ほとんど引退していますが、リグーリア州La SpeziaのVarese LigureのPieve通り15番にあるお店に偶然行けば、私たちのようにラッキーかもしれませんよ。 この町は本当にきれいで、途中でBrugnatoという、リグーリア州のもうひとつの素敵な町も見ることができます。 Varese LigureもBrugnatoも’I Borghi Piu Belli d’Italia’(イタリアの最も美しい村)とTouring Club ItalianoのBandiera Arancioneの活動の一部です。
Le Cinque Erbeというイタリアの素晴らしいサイトに、Picetti氏おすすめのレシピとともに、歴史の紹介と写真付きの記事が載っています。 Croseti con Sugo Bianco。 このサイトはリグーリア料理とレシピに関する現代の総合情報源で、写真を見るだけでお腹が空いてきます。
Varese LigureのCroxetti Varese Ligureやリグーリアでは乾燥クロセッティが広く出回っており、これが絶品です。
ヴァレーゼ・リグレを訪れるなら、アルベルゴ・アミーチのクラシックなダイニングルームで、宿泊、ランチ、ディナーを楽しんでみてはいかがでしょうか。 スローフード推奨のレストランだそうです。

Croxetti with nut sauce, Albergo Amici, Varese Ligure.

Croxetti w. nut sauce at Albergo Amici, Varese Ligure.

_____________________________
Croxettiに関する英語の記事は、Adri Barr Crocettiが、彼女のサイトFood, Family, Cultureで、最も充実したものを紹介してくれています。 また、イタリアで唯一のスタンプメーカーであるキアヴァリのFranco Casoniを訪ねています。
クロセッティスタンプを買う ピケッティ氏は、私たちの知る限りでは、通販は行っていないようです。 アメリカには、見栄えのするスタンプやパスタの小物を販売している職人さんがいます。 Artisanal Pasta Tools.
また、リグーリア州キアヴァリのFranco Casoniのホームページからコンタクトを取ることも可能です。 Franco Casoni.
※このような由来を博士論文に書かないようにしましょう。 また、この名前は1700年代に作られたジェノバ人の銀貨「クロゼット」に由来している可能性もあります。 フランスのオー・サヴォア地方では、Les Crozetsという、クロゼティとは似ても似つかない小さなソバ粉のパスタがありました。 また、『パスタ』という本によると、プロヴァンスの納税記録には1397年に「クロゼット」と記録されている。 アーチ型の橋は、ローマ人の技術者・建築家がそのスタイルを考案したことからPonte Romanoと呼ばれるが、必ずしもローマ人が造ったからというわけではない。 ヴァレーゼ・リグレの橋は1515年に建設された。
私たちの目標は、旅行者がバケットリストを忘れ、ゆっくりと知識を持った旅ができるようにすることです。 チンクエ・テッレのような混雑を避けて、美しい地中海のトレイルをハイキングしたいですか? 私たちのストーリー、詩人たちの湾の忘れられた村々をお読みください。 ツアーブックには載っていない、イタリアの美しい小都市を探検してみたいですか? バニョーネ – 愛の夢にため息!
イタリアが好きな方、現実でも空想でもイタリアを旅する方は、ぜひ記事の配信にご登録ください。 右側にご希望の方法があります。 年に10~20本程度しか発行しませんので、よろしくお願いします。

文:Martha
(マーサ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。