コーディングに入る前に、望ましい結果を見てみましょう。
メイン アクティビティ(左側)は、ユーザーが単純な電話番号作成機能の CallActivity(右側)、またはカメラを開く CameraActivity への移動を選択できる、基本的なものです。

我々の目標は、アプリを開かずにホーム画面から CallActivity または CameraActivity に移動できるようにすることです。 したがって、次のような結果が得られます。

アプリ ショートカットを設定する

ショートカットを実装する最初の主な手順は、AndroidManifest.xml でランチャー アクティビティにいくつかのメタデータを追加することです。

この例では、名前属性 android.app.shortcuts とリソース @xml/shortcuts を持つ <meta-data> タグをランチャー アクティビティ「MainActivity」に追加しました。

AndroidManifest ファイルに示すように、アプリには MainActivity があり、ショートカットを使用して CallActivity と CameraActivity に移動することにします。

上記のマニフェストから、->res->xml フォルダーを作成し、shortcuts.xml ファイルを追加することは明らかです。

ルート タグは <shortcuts> で、そこに <shortcut> タグを使って最大 5 つのショートカットを追加することができます。

<shortcut> 要素には、アイコン、説明ラベル、アプリ内で起動するインテントなど、静的なショートカットに関する情報が含まれており、少なくとも 1 つの <intent>

<shortcut> タグには、次のような多くの属性があります:

  • shortcutId: 管理したいときにショートカットを表す
  • enabled: ショートカット名。 ユーザーがショートカットと対話できるかどうかを決定します。 falseに設定した場合は、shortcutDisabledMessage属性を設定して、ショートカットを無効にした理由を説明する必要があります。
  • icon: 表示されるアイコンを定義します。色合いを含めることはできません。
  • shortcutShortLabel: ショートカットの名前を表示しているユーザーに表示するフレーズです。 10文字以内を推奨します。
  • shortcutShortLabel: ショートカットの名前を表示しているユーザーに表示するフレーズです。 25文字以内を推奨します。
  • shortcutDisabledMessage:ショートカットを無効にしたときのメッセージ。

さて、あなたのアプリは、クイックアクションによって特定のタスクを瞬時に実行することができます。 次回は、ダイナミック ショートカットを実装して操作する方法を説明します。

完全なプロジェクト ファイルについては、

ご清聴ありがとうございました 🙂 質問がある場合は、喜んでお答えします。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。