Christopher Nolan にとって、「新しく修復する」という言葉は不幸な荷物になってしまったようです。 過去 10 年間ほどで、この言葉は、古典的な映画にデジタルで手を加えること、あるいは、別の時代に活躍したアーティストに代わって、彼らの作品についての単なる推測に基づいて行われる「修正」を意味するようになったと彼は考えています。

そこで、今年 50 周年を迎えるスタンリー・キューブリック監督の 1968 年の傑作「2001 年宇宙の旅」のオリジナルの 70mm ネガから取り出した数本のリールを見たとき、歯車が回りはじめました。 もし、天才が描いた “修復されていない “ビジョンを、アナログの輝きのまま観客に見せることができるとしたらどうだろう? さらに、デジタル領域から解放された、ますます時代遅れになりつつあるセルロイドの再生に、真剣な取り組みがなされるとしたらどうでしょう?

「歴史上の多くの素晴らしいフィルム修復作業は、スティーブン スピルバーグとマーティン スコッセが関わった 1980年代半ばの『アラビアのロレンス』のリリースを含め、完全に光化学的に行われました」とノーランは述べています。 「このようにして、キューブリック作品を、50年前に見られたかもしれないのと同じように、大きなスクリーンに戻すという旅が生まれ、その結果、先週カンヌでプレミア上映され、ワーナーブラザーズによって5月18日に北米で公開されることになった、リフレッシュした映画が誕生しました。

「私がキューブリックを高く評価している理由のひとつは、彼が比類なき存在であると思うからです」とノーランは言います。 「というのも、キューブリック監督のイメージを忠実に再現しようとする監督たちのことを指しています。 「自意識過剰のような気がします。 彼の作品には、どんな映画監督でも憧れるようなシンプルさと規律正しさがあります。 しかし、彼は私たちのはるか上の次元で仕事をしているのです。 それは刺激的ですが、同時に困難でもあります」

ノーランは、映画の修復に関して「解釈」の傾向があることを痛感していました。 もし5.1chサウンドがあったら、映画監督はどうしただろう」と考え込んでしまう傾向があり、またその危険性もあります。 ドルビーアトモス? あるいはレーザー投影? 5555>

Film Heritage Foundationのイベントシリーズ「Reframing the Future of Film」の一環として、イギリスのアーティストTacita Deanと行った最近のインド旅行について、Nolanは、Deanが美術修復で行う議論を映画界に適用していることにも言及します。 「修復の傾向から、20年後には不適切または侵入していると思われるようなことを、今行うことを選択する人がいるかもしれないのです。 私たちは、オリジナルのネガに手をつけているわけではありません。 私たちはオリジナルのネガには手をつけず、インターポジから作業しています。 オリジナルの素材には何も影響を与えていません」

バーバンクの FotoKem ラボのチームと協力し、ノーランとワーナー ブラザーズの修復担当副社長ネッド プライスはまずその素材を美しくする必要に迫られました。 プライス氏によると、ラボは6カ月以上かけて50年前のネガをクリーニングし、スプライスをチェックしたそうだ。 そして、アンサー・プリントを作成し、オリジナルのタイミング・ノートとドキュメントに忠実にカラー・タイムを合わせ、最後にインターポジとインターネガを65mmで作成して、印象的なプリントに仕上げたのだそうです。 (「インターステラー」と「ダンケルク」でノーラン監督の撮影監督を務めたホイテ ヴァン ホイテマがこの作業に参加しました。)

「フィルムは、目が見る方法についてこれまでに考案された最高のアナロジーです」
Christopher Nolan

チームは、オリジナルの 6 トラックの音声に戻り、それを新しいプリントに忠実に移行させることも行いました。 「この映画は、非常に極端な方法でミックスされています」と、ノーランは畏敬の念を込めて語ります。 「

プライスにとって、ワーナー・ブラザースの保管庫の中で最も尊敬されている資産の 1 つを扱うことは、新たな、刺激的な冒険となりました。 「この作品には何度も参加していますが、戻るたびに違う経験をしているので、違う作品になっていると思います。 「そして、今回初めて70mmの劇場用プリントで仕上げることができました。 これまでのすべての訪問は、デジタル形式で終了しています」

これには、ノーランも関与した、近日発売予定の 4K UHD ホームマーケット版も含まれます。

しかし、光化学プロセスは特定の錬金術と魔法を持っていますが、監督は、ロマンスだけによって魅了されてはいないと主張します。 「それは、光化学がより高品質な画像フォーマットであるという、より大きな真実を覆い隠してしまう傾向があるからです」と彼は言います。 映画館でプリントを見せることが、その点を最もよく伝える方法であり、それを人々に見せようとする映画を一つ選ぶとしたら、それは『2001年』だろう」

と語っています。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。