科学と宗教が調和して共存できないと信じない人は、次の驚くべき協力的な努力を読んでほしい。 以下は Applied Optics, 11, A14 (1972) に掲載され、A Random Walk in Science, Institute of Physics (1973) に引用されている。

天国の温度は、利用できるデータからかなり正確に計算することが可能である。 私たちの権威は聖書である。 イザヤ書30章26節にはこうある。 月の光は太陽の光のようになり、太陽の光は七日の光のように七倍になる…したがって、天国は月から私たちが太陽から受けるのと同じ量の放射線を受け、さらに地球が太陽から受ける量の七倍(49倍)、つまり全部で50倍を受けます。 月から受ける光は、太陽から受ける光の1万分の1ですから、それは無視できます。

これらのデータを使って、天国の温度を計算することができます。 天に降り注ぐ放射線は、放射線によって失われる熱と放射線によって受け取る熱がちょうど等しくなるところまで天を加熱します。 つまり、天は放射によって地球の50倍の熱を失う。 放射のシュテファン・ボルツマン四乗則を用いると、(H/E)4=50、ここでEは地球の絶対温度(287K)であり、Hは763K(490ºC)となる

地獄の正確な温度は計算できないが、それは硫黄が液体から気体に変わる温度、444.6℃より低くなければならない。 ヨハネの黙示録21章8節にはこうあります。 しかし、恐れた者、信じなかった者は、火と硫黄とで燃える池の中でその身をささげるであろう。 溶けた硫黄石の湖とは、温度が沸点(444.6℃)以下でなければならないことを意味する。 (この点以上では湖ではなく蒸気です)

そして、私たちは天国の温度、490 ºCを得ました。 地獄の温度、444.6 ºCより小さい。 したがって、天国は地獄より暑い。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。