調査結果から、カレンジン妊婦は食に関する信念が広く知られており実践していることが明らかになりました。 回答者は、表2および表3に示すように、妊娠中に特定の食材が制限されたり奨励されたりする様々な理由を挙げている。 食に関する信念は主にゴゴ(祖母または近所にいる同年齢の女性)から得たものである。 また、母親、義理の母親、その他の年配の女性親族、友人、隣人からも食に関する信念を学んだ。 特定の健康問題(低ヘモグロビン状態、低体重増加、高血圧、糖尿病、HIV陽性)を持つ人だけが、保健師から学んだ。 以下、妊娠中の食事制限に関する結果を示し、次に推奨される食事について述べる。

表2 妊娠中に制限される食べ物
表3 妊娠中に推奨される食べ物
表4 伝統的な食べ物 野菜

妊娠中の食事制限

調査中にいくつかの食物回避が確認され、これらの習慣の根本的な理由は以下の表2に特定されている。 妊婦が避けるべき食べ物は、回答者の96%が挙げた内臓肉(レバーを除く)、肉(87%)と卵(68%)、油っこい食べ物(25%)、アボカド(Persea americana)(20%)、アルコールとタバコ(19%)、甘い食べ物(11%)、土と柔らかい石(11%)、モボリート(前夜の残りのウガリで他の付け合わせと共に朝食としてよく食べる)であった。 (10%). その他に挙げられた食事制限は7%以下であった。 1315>

動物の臓器

ほぼ全員(96%)が、妊婦は舌、心臓、男性の生殖器、乳房(肝臓は除く)などの動物の臓器を食べてはいけないと回答している。 これらの臓器は、一般的に牛、山羊、羊、鶏から採取されます。 これらは男性用に保存され、女性は不妊の女性や更年期の女性を除いて食べることができません。 回答者全員が、子供の頃から食べていないと答えています。 その理由としては、

“生殖器を食べると不妊になると思うから “などが挙げられている。 (150602_001-80)

“舌を食べると赤ちゃんがよくしゃべるようになると父に言われたから”。 (150514_005-88)

さらに、回答者の多くは、このような制限はカレンジン民族の男性メンバーが、自分たちの利得のために女性が動物の内臓を食べることから守るために設けられたものだと感じていた。 あるキーインフォーマントは、男性がいないときでも、女性がこれらの臓器を食べると無礼とみなされ、支配力を示すことになる(家の支配者であることを証明する)ので、それは非常に間違っていると報告した。 また、男性が話している間、女性は聞くべきなのに、女性が動物の舌を食べると男性より多く話すようになるという回答もあり、これは家庭でも公共の場でも同じことです。 そのため、これらの動物の内臓は捨てるか、男性(夫や長男)がいない場合は近所の男性にあげることになっている。 また別の情報提供者によると、カレンジン族の男性の生活は伝統的に森(野生動物がいる危険地帯)の中で発展してきたという。

Meat

女性は妊娠中に肉を食べることに注意するようアドバイスされ、回答者の87%がそう答えている。 肉類を制限する主な理由は、生前や死後の動物の状態に関連する理由に基づいていた。 多くの回答者は、その状態がいくつかの方法で妊娠中の母親および/または胎児に移行する可能性があると考えた。 まず、流産、死産、胎盤残留による死亡など、妊娠に関連した合併症を起こしたことのある動物は、食べてはいけない。 妊婦がそのような肉を食べると、その動物が「悪い血」を母体に移し、妊娠・出産時に同様の合併症を引き起こすと考えられていた。 また、牛が出産して胎盤が出てこなければ、女性はあえてそれを食べてはならない。 もし食べたら、その牛のようになる」。 (150504_001)

この信念はカレンジンのコミュニティ、特にマラクワットとケイヨーで強く守られている。 この信念を持つすべての回答者は、妊娠中にそのような肉を食べていない。 さらに、妊婦は、屠殺されずに死んだ動物の肉を食べることを禁じられている。 盗んだ動物もダメです、泥棒を産むことになります。” (150621_001-53)

カレンジンのコミュニティでは、絞殺によって死んだ動物の肉を妊婦が食べることはタブーである。この動物の霊が赤ん坊を追いかけ、へその緒を赤ん坊の首に巻きつけて殺すと信じられているからである。

また、多くの回答者が、雷に打たれた動物は、女性を殺すので、男性だけが食べることができると指摘しています:「雷で死んだ動物の肉は、家に持ち込むことさえ許されず、打たれた場所で男性が屠殺し、食べる。 骨も含めた残飯は焼却して分からなくする。 …妊婦が食べると死に至ることもある」。 (150610_003-77)

そのため、妊婦が肉を食べたい場合は、その動物の歴史を知る必要がある:

「もしあなたが妊娠していて、ある肉がわからない場合は食べようとしないで、まず尋ねるのである。 しかし、これは誰もが知っていることで、肉の持ち主でさえ、あなたが妊娠していることに気づいたら、それを食べたり買ったりはさせないでしょう。 止められますよ。 (150602_001)

万一女性が誤ってそのような「邪悪な」肉を食べた場合、彼女はある清めの儀式を受けなければならない。

「もしあなたが誤って出産できず死んでしまった動物を食べた場合、彼らはあなたのために清めの儀式をしなければならない。 これには夫側と妻側の人間が参加します。 儀式の後、あなたには何も起こりません」。 (130709_006-129)

あるキー・インフォーマントは、妊娠中に飲むハーブの中には、母親が知らずに食べた場合、この「悪い肉」の影響を中和するものがあると説明しました。 牛は注射や予防接種などの日常的な治療を受けており、胎児に健康被害を与える可能性があるからです。

「牛の肉も制限されていますが、羊やヤギは許されています…個人的には食べませんでした。 牛は薬をたくさん飲まされているからダメなんです。” (130709_002-126)

妊娠中にマトンを食べると、生まれてくる赤ちゃんに健康障害が出ると回答した人が3%います:

「マトンは食べなかった、『ゴゴ』にも食べないよう言われたよ。 マトンを食べると、出産するとき、その肉が赤ちゃんの皮膚にアレルギーのような発疹をもたらすことを知っています。” (130707_005-106)

“羊の頭の肉は妊婦が食べてはいけない、子供は鼻がふさがる。 起きていても子供が強いいびきをかいているのを聞いたことがありますか? 妊娠中に羊の頭を食べたからだそうです。” (150510_003-1)

肉は「食べ過ぎない」ことが大切で、せいぜい週に1回程度と回答している人が何人かいますが、これは赤ちゃんを大きくするタンパク質が含まれているため、出産時に問題が生じるためです。 この見解は68%の人が共有していた。 卵のような強い食材は、胎児を過度に大きくし、出産時に母体に負担をかけると考えられている。 さらに、卵を食べることについては、以下のように異なる見解を持っていた:

“卵を食べると、出産時に問題が起こり、赤ちゃんがあなたを負かし、あなたは手術を受けることになると言われています。 (150510_002-25)

“妊娠中の女性が卵を食べると、高血圧になる可能性が高いそうです。” (130707_004-105)

“卵を食べると、赤ちゃんは腹痛になり、産後は大泣きするそうですよ。” (150510_003-1)

妊婦は妊娠期間中、卵を完全に避けることが望ましいです。 もし、卵を食べる必要がある場合(例えば、病院の勧めや妊娠の「衝動」による)、卵を少ししか食べないか、チャパティ(小麦粉、塩、砂糖、油で作った平たい丸い浅い揚げ物)や野菜など他の食べ物に混ぜて、その影響を中和すべきです」

「私は妊娠中に卵は食べないことが賢明と思います。 一度だけ、……たとえば1カ月か2カ月後に、強い衝動に駆られたら食べるべきですが、それ以外は自分でコントロールすることになっています」。 (130707_004-105)

「妊娠期間中2回食べましたが、素直には食べませんでした。 チャパティ」の生地や「スクマウィキ」に混ぜて食べました。 (150610_001-75)

異なるが、妊娠の特定の段階で卵の影響がより深刻であると述べた回答者もいた:

“6ヶ月以降、卵は制限される”. (130707_008-107)

“女性は妊娠の時から卵を食べることができませんが、6-7ヶ月を終えた後は許可されています。” (130709_006-129)

Oily food

妊婦に「油の取りすぎ」はお勧めできないと答えた人が25%いた。 特に揚げ物など、油を多く使った料理が「油の摂り過ぎ」とされています。 この種の食品としては、チャパティ、マンダジ、脚注1カンガム、脚注2卵、フライドポテト、脂身の多い肉などが報告されている。 脂肪分の多い食べ物を避ける主な理由は、赤ちゃんに疝痛を引き起こすからです。 また、赤ちゃんを太らせ(出産を困難にする)、母親の高血圧やマラリアの原因にもなる。

「例えば卵や『カングム』『マンダジ』、脂肪分の多い肉など、油を多く含む食べ物は、あまり食べない方が良い。 …食べると、出産の日に問題が起こり、手術を受けることになりますから。 (150510_002)

“妊婦の血液はすでに非常に速く流れているので、揚げ物には油をほとんど使わず、過剰にならないようにしなければならない。 もし油を上から足すと、心臓が過剰に鼓動することになります。” (130707_002-104)

Avocado (Persea Americana)

アボカドも20%の人が妊娠中に制限していると回答しています。 アボカドには卵と同じような効果があるとされています。 赤ちゃんが “太る “原因となり、分娩障害を引き起こします。 1315>

「アボカドは体に悪い・・・これはママに言われたことで、信じていました。 … もし食べたら、自分自身に問題があり、出産時に裂けるかもしれないし、赤ちゃんを押し出すことができなくなる。” (150617_002-9)

「止められるまで悪いと知らずに食べていたが、避けた方がいいと言われた。 …それは良いアイデアです、もしあなたが食べれば、赤ちゃんは成長します…そして、もし赤ちゃんが大きくなれば、間違いなくあなたは劇場へ行くことになるでしょう。 (150621_001-53)

「アボカドは一週間に一度しか食べない。 個人的には食べきれませんでした。 食べると赤ちゃんが重くなりすぎて出産できなくなるので、大丈夫なアドバイスだと思います。” (150621_001-53)

“アボカドは週に1回だけ食べましょう。 (130709-002-126)

Alcohol and cigarets

According to 19% of the respondents alcohol and cigarets are restricted.アルコールとタバコは制限される。 赤ちゃんの血液を吸ってしまう」ため、低体重児や発育不良の原因になると考えられています。

甘いもの

その他、11%の人が妊娠中に「甘いもの」はよくないと答えています。 この場合の砂糖とは、砂糖に加えて「甘い」と言われている食材を指し、(多い順に)サトウキビ、蜂蜜、甘い・熟したバナナ、お菓子、チョコレート、お茶・炭酸飲料・加工ジュースなどの砂糖入り飲料・ドリンクなどです。 女性は、母親が妊娠中に甘いものを摂取していた場合、赤ちゃんは過剰に唾液を分泌するという信念を持っていた。

“サトウキビを食べると、子どもはこうなる…私たちは「メニンク」と呼んでいるが、つまり、たくさんの唾液がにじみ出るようになる “と信じられている。 (150615_002- 98)

“新生児を苦しめるこのお腹を私たちは「スルンダ」(疝痛)と呼んでいます。 熟したバナナはよくない。” (130708_001-118)

土と柔らかい石

妊娠中、土、チョーク、洗濯糊、氷、煙草など食物以外のもので、味や匂いがいいと言って欲しがり意図的に摂取する人がいます。 このような習慣は一般にピカ(ラテン語でカササギの意、ほとんど何でも食べることで有名な鳥)と呼ばれ、摂取のパターンは「ファジア」と呼ばれる。 今回の調査では、回答者の11%がピカと回答しています。 シロアリ塚や家屋の乾燥した土壁から採取した粘土質の土(geophagia)や柔らかい石(lithophagia)を食べる習慣がしばしば言及された。 これらの石は主に淡黄色で、青空市場やスーパーマーケットで売られていたり、道ばたで拾ったりできる。 土や柔らかい石の摂取は、ケニアの女性、特に妊娠中の女性によく見られる行動である。 しかし、今回の調査では、土や石は新生児に疝痛を与える、母体に貧血を起こす、母親が土を食べて出産することになるので妊娠中は避けるべきという回答が多かった。

“私は土を食べなかったので赤ちゃんはこのように普通のお腹の問題でしたが、上に土をつけると問題が過剰になってしまいます “とある。 (150617_002-9)

“私はもう一人の娘を妊娠したとき、4パイントの血液(Hb4)を持っていました・・・そしてそれは、私がその妊娠する前からよく食べていたので、土が血を仕上げることを話していたのです。” (130707_005-106)

あるキーインフォーマントは、焼いた土(焼けた泥の家の壁や粘土の調理石から得られる)を妊婦が食べると、子供が焼けたような皮膚の発疹になり、病院では治療できず、伝統ハーブと焼いた土の粉末の混合物でしか治すことができないと報告しています。

Moboriet

回答者の10%が挙げたもう一つの妊娠中の食事制限は、moborietでした。 モボリエットは、夜食に残ったウガリのことです。 カレンジンでは、モボリエットは朝食として熱い紅茶や発酵乳と一緒に食べるのが一般的で、特にほとんどの農村の家庭で女性が食べている。 妊婦がモボリエットを食べると、胎児が寝坊して子宮の中でおとなしくなり、太って出産が難しくなると回答者は考えている。 また、モボリエットは出産時に妊婦の排便の原因となり、助産師を悩ませることも言及されました:

「妊娠中は特に午前中にモボリエットを食べてはいけない。 女性は出産中、赤ちゃんが出てくる前にずっとウンチをしています。 それを毎回拭き取ることになるから、食べさせないようにするんだ。” (150609_002-89)

Kalenjin

その他の妊娠中の食事制限

回答者はその他の多くの食事制限を報告したが、これらはあまり多くなかった(回答者の3525>7%)。 例えば、新鮮な牛乳、特に熱い牛乳は、赤ん坊を大きくし、出産を困難にすると信じられていた。 その代わりに、ムルシク(発酵乳)が勧められました。 しかし、ムルシクは妊婦に胸焼けを起こさせるので、新鮮な牛乳が好まれるという報告もありました。 豆類、発酵粥、ケール(Brassica Carinata)も、妊娠中の胸焼けと関連しています。 3人の女性は、妊娠中に塩やソーダ灰を摂取すると、赤ちゃんの皮膚が荒れ、乾燥し、ひび割れ、やがて蛇のように剥がれ落ちると信じていました。 その他、ワイルドキャベツ(Brassica oleracea)やケール(Brassica Carinata)は栄養価が低いとされ、米(Oryza sativa)、アイリッシュポテト(Solanum tuberosum)、プランテン(Musa × paradisiaca)は「軽い」食品でエネルギー供給が少なく、妊婦が頻繁に食べてはいけない食品とされています。

焼いた灰や焼いた土の上で育った野菜を食べると、先に述べた焼いた土を食べたときのような危険なやけどのような発疹が、赤ちゃんの肌全体にできると考えられています。

妊娠中に推奨される食品の種類

妊婦が摂取することが推奨される食品の種類と、それらが重要とされる理由は、以下の表3に示されています。

推奨食品に起因する四大栄養信念が浮上しました。 これらの種類の食品は、「血液を増やす」、「母親の体力を高める」、「母親の体を作る」、「母子を病気から守る」のいずれかであると信じられていた。 妊娠中に勧められる食べ物として、伝統野菜(89%)、牛乳(63%)、果物(35%)、伝統ハーブ(34%)、ウガリ(32%)、お粥(32%)、レバー(24%)、肉(18%)、水(15%)、動物の血液(13%)、豆(12%)がよく挙げられている。

伝統的な野菜

妊娠中の伝統的またはケニア固有の緑色野菜の消費は、ほぼすべての回答者(89%)が報告した共通の文化的食物信念と慣習の一つである。 伝統的な野菜の消費は、ゴゴによって強く推奨されているだけでなく、Hb値の低い妊婦の栄養療法として保健師からも助言されている。 回答者が挙げた伝統野菜には、ブタクサ(Amaranthus dubuis and Amaranthus gracecizane)、アフリカンナイトシェード(Solanum nigrum)、野生の彼岸花(Cleome gynandra)、つるむらさき(Basella alba)、かぼちゃの葉(Cucurbita moschata)、細葉(Crotalaria ochroleuca)、ササゲ(Vigna unguiculata)などがあります。 ほうれん草は、血液の量を増やすために推奨される唯一の外来種の緑黄色野菜です。 推奨される野菜はすべて深い緑色をした葉物です。 庭や畑で栽培されていますが、中にはあぜ道や耕作されていない畑で雑草として生育しているものもあります。 ほとんどの場合、農薬や人工肥料を使う必要はありません。 そのため、ウアジン・ギシュ県内では広く出回っている。 この野菜は、牛乳から作ったクリーム、塩、トマトと一緒にソースとして調理される。 1315>

これらの野菜は一般に、女性の体内の「血液量を増やす」「体を作る」と考えられており、陣痛の際に女性に力を与えるものである。 伝統野菜は、この地域で栽培されている外来種のキャベツやケールとは異なり、胸焼けを起こさず、消化が良く、便秘を解消すると考えられています。 これらの理由から、伝統的な野菜はコミュニティのすべてのメンバーに好まれています。 1315>

“このnderemiatとmiroo(Crotalaria ochroleuca)はとても役に立つ、食べると胸焼けしない “と、伝統野菜を食べることの重要性を様々な回答者が報告しています。 (150602_001)

“妊娠して血液が少なくなったとき、血液が増えるようにこれらの野菜を食べなければなりません。” (150617_006-13)

牛乳と血液

牛乳は63%の人が、母親の「血液量を増やす」「力をつける」「体を作る」と考えている。 その栄養価を高めるために、牛乳に健康な雄牛から抽出した生血や屠殺場から採取した生血を混ぜ合わせる。 牛乳に血液を混ぜると、血液の量が非常に速く増えると言われている。 1315>

「妊娠して、血液が少ないから増やした方がいいと言われたら、肉屋に行って、屠殺した動物によって牛、羊、山羊の血を採取して、新鮮な牛乳、ストックと発酵させて、毎日それを飲むことだ」。 血液の量を早く増やすことができるんだ」。 (130707_003-104)

動物の血は、牛乳なしでも飲むことができる。 通常は固まるまで調理し、食事として提供される。 血の消費は主要な情報提供者によって説明されたように、過去の著名なカレンジンの習慣である。

果物

回答者の35%は、アボカドと熟したバナナを除く果物を食べることは、果物が母親の血液量を増やすと考えられているので推奨されると報告した。 血液を増やすとされる果物としてよく報告されたのは、タマリロ(Solanum betaceum)とオレンジ(Citrus sinensis)であった。 その他の果物としては、タンジェリン(Citrus reticulate)、パッションフルーツ(Passiflora edulis)、パイナップル(Ananas comosus)、ポーポー(Carica papaya)などが挙げられています。

果物はまた、母親の食欲を増進させ、消化を助け、出産後の赤ちゃんの肌を良くすると考えられています。

ウガリ

回答者の32パーセントは、ウガリを妊娠中に推奨すると答えました。 ウガリは、カレンジン族を含むケニアのコミュニティの中で、地元の主食として食べられています。 トウモロコシの粉から作られることが多いですが、キビやソルガムの粉、または複数の穀物を混ぜたものもあり、生地状になるまで水と一緒に煮込みます。 ウアジン・ギシュ県ではトウモロコシは手ごろな価格で広く手に入り、自給自足のためだけでなく商業的にも栽培されています。 ウガリは野菜や発酵乳、肉のシチューなどと一緒に食べられます。 妊娠中はソルガムとシコクビエの粉を混ぜて作ったウガリを食べることが推奨されています。 この種のウガリは栄養価が高く、トウモロコシ粉から作られたウガリよりも「強い」と信じられています。 回答者の大多数は、ウガリは母親に力を与えてくれると信じています:

「ウガリは良い。 赤ちゃんを押し出すときのエネルギーになる」。 (150602_001)

伝統的なハーブ

回答者の34%が報告したように、伝統的なハーブ薬の消費も妊婦に強く推奨されています。 伝統的な漢方薬は、10種類の混合植物から構成されています。 あるキーインフォーマント(妊婦にハーブを提供するハーブ専門家)は、植物のエキス(根、葉、小枝、樹皮)は、地元でsagetiek(ナンディ語)と呼ばれる小さな濃度(500ml)になるまで煮るか、燃やして灰状の粉末(bosarokとして知られている)にすると説明しました。 女性は1日3回、コップ4分の1のsagetiekを2週間飲み、1ヶ月間休んだ後、同じ量を再開することが推奨されている。 また、出産予定日の2日前や、出産予定日を過ぎたときにも飲用します。 Sagetiekは単独で飲むか、苦い植物から抽出した場合は蜂蜜やスープと組み合わせて飲む場合もある。 スープは、動物の頭やひづめから作られ、ヤギや牛が望ましい。 一方、ボサロクは、胎児に影響を与えるかもしれない邪眼や魔術から妊婦を守ると信じられているため、決められた期間、毎日舐めることになる。 特に、妊婦が赤ちゃんに呪いをかけるような多くの人に会うことが予想される場合、ボサロクは非常に有用であると回答者は考えている。 さらに、bosarokは胸焼けを和らげ、吐き気を抑えるとも考えられています。

女性は、村の有名な薬草学者から薬草療法を購入することができます。 ハーブは有用であると信じられており、一般に、病気であろうとなかろうと、妊婦はそれらを摂取すべきであると考えられています。 Sagetiekは、妊婦を病気から守り、胎児に病気が移るのを防ぐと信じられている、と主要な情報提供者は説明しています。 また、女性を丈夫にし、血液量を増やして陣痛や子宮頸管の拡張を促進し、安産を促すと信じられています。 さらに、胎児の身体と健康を作り、胎児の性別を女の子から男の子に変え、「邪肉」を食べることによる影響を中和し、赤ちゃんの大きさを調節すると信じられています。 また、ハーブは胎児の皮膚や胃をきれいにし、かぶれのない滑らかな肌を作り、疝痛を抑え、生まれたときに伝染病にかかりにくくすると信じられています。 このように、サジェスチョンが妊婦に広く推奨されている。

おかゆ

妊娠中におかゆを勧めるという回答は32%でした。 シコクビエの粉にソルガムきびを混ぜて作ったお粥は、血液の量を増やすと言われています。 1315>

Liver

回答者の24%が、レバーは血液量を増加させるため、妊娠中に非常に推奨されると報告しました。 村で動物が屠殺されるときはいつも、その家の妊婦や子どものためにレバーが特別に確保されます。

Other food recommendations

Other recommended food stuffs which was reported by 20% less than the answer, including meat, red beans, fish, red soil and red stones, are believed to increase pregnancy volume of blood women.これは、回答者の20%以下が回答したもので、肉、小豆のスープ、魚、赤土、赤石などが妊婦の血液量を増やすと考えられています。 妊娠中の調理したバナナと水は、母体の体力を増加させると考えられている。 また、動物(主にヤギ、羊、牛、鶏)を屠殺したとき、その肝臓を保存しておくと、家庭内のどの妊婦にも食べさせることができます。 これは血液の量を増やすと信じられているため、妊婦に勧められています

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。