30歳の誕生日に幼なじみの親友とバックパッキングで森に入り、ゆったりした川に沿って歩いていると地面に注意がいくようになりました。 口紅のように赤く、嘔吐を促すラッスラが道端に並び、平らな林床には刺激的なコショウのような乳液が散布されていました。 致命的な破壊天使がいたるところにいて、威嚇するように優雅で危険だった。 しかし、3マイルの平坦な川辺を奥地まで歩いても、グルメなキノコは一本もなく、歩くたびに土が乾いていくような感じだった。 真昼の太陽が私たちの肩に降り注ぎ、足が熱くなり、着衣を脱ぎ始めました。 その独特の淡い桃色の傘の下には、毛穴やエラではなく、歯があると信じて疑わなかったのです。 この季節の初発見はいつだって素晴らしいもので、さっと目を通すと、半径10フィート以内にさらに5つのジューシーなヒラタケがあることがわかりました。 私はバックパックから紙袋を取り出し、一握りのふっくらとしたハリネズミを収穫しました。

ハリネズミに続いて、私のシーズン最初の小さな獅子頭(Hericium coralloides)が現れ、私は寒い夜と朝の山霧が高地のキノコを活性化していることに気づきはじめました。 私はしばしば、干ばつ時の水分を求めて低い湿地や谷に目を向けることがある。 しかし、標高が高いからといって必ずしも乾燥しているとは限らないし、雲の上に行けば涼しいキノコの楽園があることを見落としがちだ。 イサカでの採集以来、最も美しいポルチーニ(Boletus cf. edulis)を発見したのです。 それはまるで高山の標識のように目立っていた。重厚で傷のない茎を持つ、典型的な王様のような存在だ。 キャップは固く、絵に描いたような美しさだった。 キノコは加熱調理が基本だが、虫のいないキングは例外だ。 8222>

さらに標高を上げると、木々は矮小で不格好になり、私はハリネズミがトレイルに沿って実をつけ続けるのを見て驚き、今シーズン初のイエローフット・シャントレル(Craterellus tubaeformis)を樹上線下で拾いました。 翌日の午後、森からハイキングに出た私たちは、野生のキノコ(ポルチーニキャップは除く)をきれいに洗い、スライスしたサマーソーセージと一緒に調理しました。 オイルもバターも塩も使っていないのに、山のテロワールを感じさせる素晴らしい出来栄えでした。 ポルチーニ(ナッツ、土っぽい)とシャントレル(フルーティ、花っぽい)を同じ鍋に入れることはあまりないのですが、この奥地のワイルドな鍋には、山のキノコのメドレーがバランスよく入っていて、とてもおいしかったです

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。