元シアトル・マリナーズのスター投手・岩隈久志氏が特別派遣コーチとして再入社したと今週、球団は発表しました。

プレスリリースによると、岩隈は、母国でマリナーズの能登学スカウトとスカウティングの仕事をすることに加えて、すべてのレベルのMs投手と投手指導者を支援するとのことだ。

岩隈は、ジェリー・ディポト総監督に直接報告し、春季キャンプからその役割を担う。

「岩隈はそのキャリアを通じて、彼が我々のコーチや選手と働くのに完璧にフィットすると思われるスキルを示してきました」と、ディポトは火曜日に声明で述べている。 「そのため、このような甚だしい事態が発生したのである。 我々は、メジャーとマイナーの両レベルで彼を加えることを楽しみにしている」

Photo: Stephen Brashear/Getty Images
Image 1 of 3

SEATTLE, WA – JUNE 22: シアトル・マリナーズの岩隈久志#18は2017年6月22日にワシントン州シアトルのセーフコフィールドでのデトロイト・タイガーズ戦でダグアウト内のベンチに座っている。 マリナーズ

SEATTLE, WA – JUNE 22: シアトルマリナーズの岩隈久志#18は、2017年6月22日にワシントン州シアトルのセーフコフィールドで行われたデトロイトタイガースとの試合中にダッグアウト内のベンチに座っています。 マリナーズは9対6で勝利した。 (Photo by Stephen Brashear/Getty Images)

Photo: Eric Christian Smith, FRE
Image 2 of 3

2017年4月4日(火)、ヒューストンでのヒューストン・アストロズとのチーム野球の5回、投球を見守るシアトル・マリナーズの岩隈久志の先発投手。 (AP Photo/Eric Christian Seattle Mariners starting pitcher Iwakuma Hisashi was watches a throw during the 5th inning of the team’s baseball game against the Houston Astros, Tuesday, April 4, 2017, in Houston. (AP Photo/Eric Christian Smith)

Photo: Bob Levey/Getty Images
Image 3 of 3

HOUSTON, TX – APRIL 04: 2017年4月4日、テキサス州ヒューストンのミニッツメイドパークで、シアトルマリナーズの岩隈久志#18はヒューストンアストロズとの最初のイニングで投球します。 (Photo by Bob Levey/Getty

HOUSTON, TX – APRIL 04: 2017年4月4日、テキサス州ヒューストンのミニッツメイドパークでのヒューストン・アストロズ戦の初回に登板したシアトル・マリナーズの岩隈久志 #18。 (Photo by Bob Levey/Getty Images)

岩隈は現役時代にマリナーズで6年間(2012~17年)過ごし、150試合(136先発)で63勝39敗、防御率3.42を記録している。 2013年のALオールスターに出場した岩隈は、2015年8月12日のボルチモア・オリオールズ戦でマリナーズ史上5人目となるノーヒッターを達成した。 彼はメジャーでノーヒッターを投げた2人目の日本生まれの投手となった。

岩隈のキャリアERA 3.42は、マリナーズ史上、最低500イニングを投げたランディ・ジョンソン、フェリックス・ヘルナンデス、ジェームズ・パクストンと並んで最低タイである。

岩隈がマリナーズにいた時期はMLBでの唯一の季節である。 そのため、このような「忖度」は、「忖度」ではなく「忖度」なのです。 日本では226試合に登板し、そのうち225試合に先発し、107勝69敗、防御率3.25の成績を残した。 2008年にはパ・リーグMVPを受賞し、2009年のワールド・ベースボール・クラシックでは日本代表として金メダルを獲得した。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。