Our publication, Isoniazid/Rifapentine (3HP) Access Roadmap and Patent Landscapeでは、結核の予防に用いられる必須医薬品、イソニアジドとリファペンチンを組み合わせた医薬品に関してフランスの製薬会社Sanofiが行った特許申請の状況を紹介しています。 イソニアジドとリファペンチンを合わせて3HPレジメンを形成し、結核予防の世界標準治療に急速になりつつあります。

2014年から、サノフィは68カ国で3HPの成人および小児の固定用量組み合わせ(FDC)の特許を申請しています。 これらの特許が認められれば、サノフィは2034年までこれらの3HPのFDC製剤を独占することができます。

ロードマップは、イソニアジドとリファペンチンがなぜ独占的な管理下に置かれるのではなく、公共の領域に留まるべきグローバルな公共財であるかを示すために、それぞれの薬剤の詳細な開発履歴を提供しています。 法的な観点から、ロードマップはサノフィの特許請求が基本的な特許性の基準を満たさない理由を示している。 この分析は、サノフィの特許出願のメリットを評価する国内特許審査官に情報を提供し、付与前または付与後の特許異議申し立てを通じてサノフィの独占の試みに挑戦する市民社会組織を支援することを目的としています

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。