そこで、「24/7に奴隷の頭脳空間を維持するには?」

24/7についての多くの会話が、まだ作るべき食べ物、維持すべき家、世話すべきペットなどがあるという注意から始まります。 そして、これは真実です。 もし、「私は奴隷です!」と言えば、魔法のようにこのような責任がなくなるのなら、もっと多くの人がそうしているでしょう。

その会話が通常どのように行われるかに私が持っている異議は、「料理する食べ物、維持する家」という発言が常に「しかし」に続いているように見えるということです。 24/7 M/s…しかし、調理される食料がある。 24/7 M/S…しかし、維持されるべき家がある。

そこで私が問題にしたいのは、それが「しかし」だとは思えないことです。

というのは、私たちにとって、私たちのダイナミックさは、シーンで生き、生活の責任の周りの隅に隠れて、生活の残りの部分に漏れ出すということではないのです。 それらの責任を処理すること自体が、私たちのダイナミズムの鍵なのです。 料理、掃除、庭仕事、ペットの世話、コーヒーメーカー、イベントのホスト、食事や買い物の計画、洗濯、旅行の準備、ファイリングなど、すべて仕事そのものであり、周りで働くものではありません。

私の奴隷の中核的な価値は「有用性」なので、これは24時間365日を現実にするために本当に役立ちます。 隅っこで黙ってひざまずくのも、ただ見栄えがするのも、次の奴隷と同じくらい好きですが、私にとっては、それは決定的な要因ではありません。

先日の夜、ミストレスと私はあることについて大笑いしました。 というのも、彼女は私に一日に何度も「座ってもいいわよ」と言いますが(ほとんど食事のためのキッチンだけ)、私が座るのに許可がいらない場所が一つあります(「バニラと一緒に」以外には)、それはベッドの上です。 この場合、彼女はほとんど冗談で言ったのですが、「私たちは文字通りのベッドルームではハイプロトコル/あからさまなM/Sはしない」というジョークで盛り上がることになりました。

そう、ほとんどジョークです。 しかし、それには少し真実味があります–私たちのダイナミックは、シーンに根ざして成長したわけではありません。 それは私たちの生活の現実的な部分を中心に構築されたもので、実際、皿洗いや洗濯、料理など、一日の残りの時間を過ごすよりも、専用のシーンでより積極的に心に留めておくべきルール、プロトコル、ガイドライン、タスクなどが少ないということです。

前述のように、有用性は中核的価値観であり、縛られて鞭やネオンの杖で働かされている間や、火をつけられている間、あるいは最近のキンクトたちが夢中になっている間、私は有用であるしかないのです。

24時間365日ヘッドスペースを維持するためのもう一つの要素は、後でこの一般的なテーマについて再び話したときに、女王様が最初に持ち出したもので、つながりです。

多くの人にとって、奴隷とサービスのヘッドスペースをポジティブに維持するには、交流が必要です。 これは、注文を受ける、仕事をチェックされる、監督される、などのように見えるかもしれません。

ミストレスが「もし奴隷が森の中で仕事をして、それを誰も見ていなかったら…」というようなことを言っていましたが、多くの人にとってその文末は「服従していないと感じ始め、おそらく評価されていない」というようなものでしょう。 M/Sは多くの人にとって非常につながりに基づくもので、サービスのその相互作用の部分が最も充実したものです-それがなければ、彼らの服従はそのつながりに基づいているため、服従の感覚は少なくなります。

さて、日常的に十分な交流とつながりを得ることは、単にタスクをこなすことよりも難しいかもしれません。

私にとっては、24時間365日体制にうまく適合する理由は、私の奴隷の頭のスペースが、交流ベースではなく、時にはそれがないことによって実際に促進されるということなのです。 (例として、「家が燃えているとき以外は邪魔をするな、昼には弁当を机に並べろ、頼んだらコーヒーを持ってこい、それ以外は話しかけるな、他の仕事を普通にしろ」というのは、ヘッドスペースを高めるものです).

人間として、外向的な人間として、私はまだ相互作用と検証を切望していますが、それは奴隷の精神状態を維持するための中核ではありません。 やりがいは、そのことを成し遂げることです。 それ以上の本当の報酬や、たまに頭を撫でて「いい子ね」と言われるだけでは、個人的にはやりすぎだと思いますし、また維持するのも難しいでしょう。 私は役に立ちたいので、一日の終わりには、奥様が私の奉仕から何を得るかであって、奥様が私に何を返してくれるかではないのです。 私はまた、ダイナミックの一部をオフにすることに起因すると思われる報酬(一時的にルールを強制しないとか、タスクの完了を期待しないとか)に対して懐疑的であることを認めます。それは何よりも不愉快な罰だと思いますし(奉仕そのものが報酬であるときに指定された方法でいつも通り奉仕しないのは、むしろ報酬を取り上げるようなもの)、それを知っているので奥様はそれらを使用しないことにしています。 私のサービスタスクは、フルタイムの仕事であり、常にオンコールで対応するレベルの時間的コミットメントです。 そのため、十分な充実感があります。 私たちのルールやプロトコル、ガイドラインなどが、あるレベルでは常にオンになっていることを常に意識することは、短期的には再現するのが難しい、「服従は常に必須」という要素を頭の中に取り込む効果があるとお話ししたことがあります。 勤務時間外、週末、休憩時間など、どうでもいい時間帯はありません。

これは通常、24時間365日という言葉が意味するところですね。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。