2000年のポルシェターボにはX50というオプションがあり、さらにパワーアップしていました

それを標準装備してさらに充実させたのが、2004年のターボSバージョン。 2000年の911ターボをさらにパワーアップさせたものである。
外観は、非Sバージョンと同様にラジエターを冷却するための大きな3つのエアインテークが目を引くフロントバンパーですが、エプロンの下にはリップが追加されています。 サイドには大型ターボチャージャー用のエアインテークが後輪の前に設置されている。 ワイドなリアフェンダーは筋肉質な印象だ。 8399>インテリアはターボSと同様、6連奏CDチェンジャーを装備。 クラシカルな5連メーターは、背景が黒からアルミに変更された。 オプションでは、新しいシートが追加された。 0-100km/hが4秒以下となり、他のスーパーカーと熾烈な争いを繰り広げた。 その上、滑りやすいコンディションで有利な全輪駆動システムを備えていた。 ポルシェカーボンセラミックブレーキが標準装備され、アジャスタブルダンパーにより、より高いコーナリングスピードが実現された。 6速マニュアルと、マニュアルオーバーライドによるギアチェンジとパドルシフトを備えた5速オートマチックギアボックス(ティプトロニック)が用意されていた<550>。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。