私にとってむしろ興味深いのは、BDSMの世界の人々がTPEと呼ばれる奇妙な関係を扱うときに、ほとんどの人が敵意をむき出しにすることです。 私はTPEの関係で生活しているので、私にとってそれはとても自然なことで、ここにいるほとんどの人が見ているような「脅威」を感じることはありません。 でも、TPEの関係がすべての人のためにあるわけではないことは理解しています。 TPEの関係が他のD/SやM/Sの関係より「優れている」とも言いません。

では、TPE(トータル・パワー・エクスチェンジ)とは何でしょうか。 部分的なものとは対照的に、全体的という意味です。 つまり、奴隷は肉体、精神、魂を制限されることなく、主人に身を捧げるのです。 ご主人様のほうは、この大きな責任を引き受けたのです。 彼は彼女を所有しているのです。 では、この考え方によって、TPEの関係はD/Sの関係とどう違うのでしょうか? ここでは主にクエイドと私を例に挙げます。なぜなら、私たちの関係は、私がこれまで関わってきた他のいくつかの関係に比べて、素晴らしいものだったからです。

TPEのカップルは一生を約束します。 パートナーのどちらかが死ぬことが、この関係からの唯一の「出口」です。 私が知る限り、ほとんどのTPEカップルは生涯を賭けてこの関係を続けています。 クウェイドに首輪をつけられたとき、私は彼を愛し、敬い、死が二人を分かつまで従うと約束した。 出席者にとっては、まるで結婚式のようなものだった。 誓いの言葉には、”服従 “の部分を除いては、特に変わったところはなかった。 クエイドと私は誓いの言葉を文字通りに受け取りました。

従順な者はその関係から離れることはできない。

彼女は主人に自分を捧げ、関係を終わらせる力も手渡したのである。 そして、彼らは一生を約束しているので、従者には本当に逃げ場がないのです。 彼女は去ることができないのです。

これは、TPEの関係について話しているときに、ほとんどの人がぞっとする部分の一つです。 出ようと思えば出られる」という彼らの主張は、もちろん、私が狂気に襲われたとしても、ドアを出て行くことができるという意味で、有効です。 しかし、クウェイドは私を追いかけてきて、家に連れ帰ったでしょう。 それが彼の権利です。 ほとんどのTPEカップルは、交際を始めたときに決めたこの「離れられない」という決断を、実際の行動が支えるような環境を作り出しています。

私たちの場合、いくつかのことがありました。 私は家の外で仕事を持っていませんでした。 その結果、自分自身のお金を持っていなかったのです。 何らかの事情でお金が必要なときは、クエイドに頼んで、クエイドが渡してくれていました。 買い物をした後にお釣りをもらったら、レシートと一緒に返すことになっていた。 車を持っていなかったので、徒歩以外ではどこにも行けませんし、周りに公共交通機関もありません。 だから、もし私が突然正気を失い、逃げ出したいと思っても、それはとても難しいことだったのです。

ほとんどの人にとって、これが刑務所のように聞こえることは分かっています。 しかし、心に留めておかなければならないのは、私が入りたかったのはこの刑務所だったということです。 現実的な問題は、その願いをサポートするためにあったのです、-私たち双方にとって。 私はこれを、修道女や僧侶のような非常に献身的な人々と共有する考え方だと考えています。 (比較はここまで!笑)。 私は、時間が経つにつれて、離れるという考えがどんどん遠のいていくことに気づきました。 それは単に問題ではありませんでした。 Quadeの他の所有物と同じように、私はここにいるだけだったのです。 彼の車が勝手に走り去ることができないように、私はQuadeの支配下から歩き出すことができなかったのです。

契約はありません。

ネットで調べてみると、ほとんどのD/Sの達人は、24時間365日D/Sの関係を築く前に契約を交渉するように言います(私は新しい従者にもこれを教えています)。 そのため、契約書によって「やるべきこと」と「やってはいけないこと」を規定する必要があります。 部分的な関係では、契約が必要であることは論理的であると思われます。 二人の間に、支配/服従以外の領域がありますか? 子供とか、あるいは服従者の外での仕事とか? 関係には時間枠がありますか? 力の交換は寝室だけに適用されるのですか?

TPEの関係では、契約は無意味です。 奴隷はすでに自分のすべてを主人に捧げているのです。 彼女に対する彼の力の領域を狭める理由はない。 彼はすべての力を持っている。 彼女には何もない。 それを紙切れにする理由はないのです。

私たちが持っていた唯一のものは、首輪の誓いでした。

私たちがTPE関係を築いたとき、「どうすれば正しいか」について、できる限り多くの情報を集めようとしました。 誰もが「ルールが必要だ」と言いました。 私たちは真剣に取り組みました。 私たちに合うと思われる提案をたくさん書き留めました。 でも結局、それは紙の無駄遣いだとわかったんです。 彼が髪を紫に染めてこいと言えば、私はそうするつもりだった。 私に関する彼の決定は、何を着るか、いつトイレに行くか、といった日常的なことまで踏み込むことはあまりありませんでした。 でも、何らかの理由で彼が望めば、私の「小さな決断」もすべて彼がしてくれました。 それが彼の権利なのです。

たいていの場合、彼は大きな線を引くでしょう。 髪型の例で言えば、彼は私がロングヘアであることを望んだことを知っていますし、私がいつ散髪やトリムなどのヘアトリートメントを必要とするかは、私次第です。 そろそろ髪を整える時期だと思ったら、美容院に予約を入れて、そのためのお金を出してほしいと頼むのです。

さらに大きなことを言えば、クウェイドは私の日々の優先順位のつけ方、つまり私たちの時間をどう使うか、いつ家を出ていいかということを決めていたのです。 彼は、私が一時的に「外」の仕事をしないこと、自分のお金を持っていないこと、車を持っていないことを決定しました。 普通の人は、これを「監禁」と呼ぶでしょう。 そして、ほとんどの人は、これが私が成功した人生であるという事実に気づかないのです。

セーフワードはない

驚いたことに、私がセーフワードを持っていないと聞くと、人々は本当に怒ることがわかりました。 私はセーフワードという概念すら理解していませんでした。 私は、「レッド」「イエロー」と叫べば、クウェイドがやっていることを止めなければならないという「コントロール」(下から目線)を持っているように感じていたのです。 TPEの関係では、「タイムアウト」も「セーフワード」もありません。 クウェイドは常にボスだったのです。 彼は私の反応をよく知っていて、例えば、動物、スキャットなど)

私はたくさん持っています! しかし、私たちのスリルの一部は、それらを見つけること、そしてクエイドがそれらを押し進めることでした… 彼が望ましいと感じたどんな限界でも押し進めることです。

最後に、TPEの関係で生きるカップルの「ゴール」は何でしょうか? それは、共生、つまり、ほとんど「一人」になること、あるいは、一人でありながら、互いに依存し合う2つの細胞からなる一種の生物になることだと言えるでしょう。 それは誰のためでもない。 関係する二人が本当にそれを望み、そこから喜びを得なければならない。 奴隷はすべてのコントロールを放棄する必要性を感じなければならず、一方、主人はその完全なコントロールを持つ必要性を持たなければなりません。 うーん…多分無理でしょう。 そしてある意味でそれは問題ではありません。 そこに到達しようとする旅は、それだけでとても満足のいくものです。 そして、私たちは皆、旅が好きなのです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。