は、私たちの赤ちゃんは完全に調理されました。 赤ちゃんはハニーデューメロンほどの大きさで、重さも同じくらいに感じます。 今、赤ちゃんはマジでスペースがなくなり始めているような気がして、毎日、こんなに低くなってしまって、早く登場してくれないかなぁと思っています!

So, how is BABY?

第2四半期の更新では、位置がよくわからず、助産師さんは彼女が逆子ではないかと言っていましたが、今は確実に頭が下になり準備OKです!(^^) 32週で最終コンサルタントに診てもらったところ、赤ちゃんは頭を下にしていて、実は「LOL」(こっそり笑っているという意味だと思っていましたが、実際は左後頭部外側という意味で、私の左側に背中を向け、右側に足を置いて寝ています)という体勢になっていると言われ、これで時々お腹の右側に足が突き出ていることがあるのも納得しました。

その後、36週目に助産師さんの予約に行ったときに、私のお腹が少し小さすぎる(36週目で30cmしかない)と言われ、赤ちゃんが大丈夫かどうか成長スキャンが必要だと言われたときは、少し怖くなりましたね。 カルテを見ると、チェックのたびに赤ちゃんが小さくなっているのがよくわかるので、翌日すぐに予約してくれてよかったです。

翌日の午後、病院にスキャンに向かいましたが、すぐに赤ちゃんのサイズはぴったりだと言われました。 ヴァイオレットが6ポンド2オンスで、私のお腹はもっと小さいのですが、いろいろ測って納得してもらえたので、安心しました。 私はなぜか小さな赤ちゃんを作ることができるようです。 ヴァイオレットはこの時点で7ポンド4オンスくらいと推定されていたので、今回の赤ちゃんはもっと小さいと思いますが、私たちを驚かせてくれるかもしれません!

私の気分はどうでしょう

HOT. 不快で、少しうんざりしています。 夏の妊娠は、間違いなく、3学期には冬よりも難しいです。

夏は当然、誰もが外に出て、天気を楽しみ、何でもしたいものですが、このサイズでは無理!本当に厄介なものです。 私の中の太陽崇拝者は、片手にカクテル、片手に本を持って太陽の下で寝そべっていないことをとても残念に思っていますが、現実は、冷たいバケツの水に足を浸して室内で膨大な時間を過ごし、外の太陽を恋しがり、すべての楽しみを逃しているように感じています!

確かに毎日毎日、すみれの後に走り回って、身体の調子を考える時間はあまりありませんでした。 二人目の妊娠でも人生は止まらない。たとえ疲れていても、痛くても、どんな痛みを感じても、ただそれをやり遂げなければならないと感じました。ヴァイオレットの妊娠の終わりごろに座っていられるなんて、どれだけ幸運だったことか ヴァイオレットの妊娠の終わりごろに、座っていられるなんて、本当にラッキーでした!股関節が本当に痛くて、よく眠れず、全体的に疲れている感じですが、ただひたすら日を数え、永遠に続くわけではないと思い、自分に言い聞かせながら、前進しています。

ARE WE READY?

準備はほぼ整っていると思います。今週は、入院バッグのパッキングを終え、赤ちゃんの服を全部洗濯し、新しいベッドサイドクリブSnuzpod 3(とてもかわいいです)を組み立てました。

出産に関しては、私は段階を経ています。ある日は、前にやったことがあるからまたできるとポジティブな気持ちになり、次の日は超神経質になります。 今回は、いつ陣痛が来るかわからないし、Vが仕事から帰ってきて、友達がヴァイオレットの面倒を見てくれるかもわからないし、とにかく夜中に陣痛が来てほしいです。 出産が頭の上に迫ってくるような感じです。複雑な感情や「もしも」が重なり、妊娠から出産までの間に取り組まなければならない大きなハードルが残っているような感じです。 今すぐ終わらせて、私たちの人生の次の章を始めたいのです!

さて、これが私の最後の妊娠報告でしょうか、それとも赤ちゃんはまだしばらくかかるのでしょうか? 時間が経てばわかることですが…。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。