Our Opinion

Procter & Gambleは動物擁護団体PETAから動物実験を行っているという批判を受けており、そのため動物を利用しているとCruelty Free Investingのリストに入っているのです。

PETAのCruelty Free Shopping Guideでは、P&Gは見当たりませんが、Procter & Gambleは1999年6月30日に、動物実験の方針を改訂したと発表しました。 PETAによれば、このリストが外されている理由は、「プロクター<2163>ギャンブルは、必須ではない全ての動物実験を永久に停止したわけではない」からだそうです。 P&Gによれば、多くの既存製品については、実験を行わないとのことです。 P&G は、新成分や新製品の動物実験を中止することを約束していません」

さらに、In Defense of Animals は、動物実験を理由に P&G をボイコットするキャンペーンを今も続けており、The Ethical Consumer には PETA、Uncaged、BUAV によるボイコットや潜入調査のリストがあります

企業概要

Procter & Gamble Co,

(*SNRは信号の量に対するノイズの量で単位はdB[デシベル]で表されます。 同社の製品には、洗浄剤やパーソナルケア製品などがあります。 ケロッグ社にプリングルズを売却する前は、食品や飲料などの製品を扱っていました。 http://www.us.pg.com

お問い合わせ先。 http://us.pg.com/contact_us

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。