3CX SBCは、Raspberry Piで動作させる機能を備えています。 Raspberry Piを使用することで、より安価に運用することができ、信頼性も高くなります。 Windows PCを24時間365日稼働させる必要がなく、Raspberry Piは最小限の電力しか消費しないため、消費電力が大幅に削減されます。
Raspberry-Pi-Model-B

Bandwidth Saver

3CX SBCは、ローカルコールを区別する十分なインテリジェンスを持っています。 たとえば、5 ~ 10 人の従業員が互いに通話するリモート オフィスでは、3CX サーバーに大量のトラフィックが発生します。 3CX SBCを使用すると、すべての音声トラフィックがローカルネットワーク内にとどまります。

オーディオ品質の向上

すべてのオーディオパケットは3CXトンネルを経由するため、ジッターを排除し、オーディオ品質を向上させることができます。 これにより、より安全な構成となり、管理者によるセットアップ、監視、および保守が容易になります。

Auto Provisioning

3CX SBCを介してプラグアンドプレイの自動プロビジョニングを使用する機能です。 すべてのPnPマルチキャストは3CXサーバーに転送され、管理者は3CX管理コンソールから電話を自動プロビジョニングすることができます。

3CX SBCを無償で提供

プロプライエタリなSBCは高価です。

3CX SBCのインストールと設定

Raspberry PIでSBCを設定するには、以下を参照してください。 Raspberry Pi用3CX Session Border Controllerのインストール

を参照してください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。