私は古いエピソードを聞いていて、ブーベ島のボートについて説得力のある説明があることを指摘したいのですが、それは以下のページのコメントを通じて見つけることができます:

An abandoned lifeboat at world’s end

要約すると、「DXpeditions」というものがあり、ハム無線者が遠隔地に行き、他者と無線連絡を取り、これらの地名をハム無線地図に掲載させるものです。 1962年(ボートなどが発見された1964年以前)には、Gus Browningという人がブーベ島に行き、1962年11月29日にハムラジオでコンタクトを確認したことがあります。 (参照:http://hamgallery.com/qsl/country/BouvetIsland/lh4c.htm )

浮力タンクについては、ブラウニングはこれを平らにして無線機を接地させたという仮説があります。 私はハムラジオのことをよく知らないので説明できませんが、どうやらアースが必要なようです。

それ以外のことはわかりませんが、もしブラウニングがもっと大きな船に乗っていて、救命ボートで自分の荷物を無線連絡のしやすい位置まで運び、途中で捨てなければならなかったとしたらどうでしょう?

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。