私たちは、9000以上の市町村を通る20万km以上のパイプという非常に広大なガス配送ネットワークを管理し、毎日、すべてのお客様に天然ガスを提供することに尽力しています。 天然ガスの供給品質を確保し、環境を保護する一方で、人と資産の安全を保証することが私たちの最優先事項です。 この目標を達成するため、私たちは天然ガスネットワークを常時監視しています。 私たちは長年にわたり、持続的なレベルの投資と厳格なモニタリングとメンテナンスのプログラムに基づいた産業戦略を展開してきました。

天然ガス配給ネットワークには、家庭や企業に天然ガスを供給するすべてのパイプ、バルブ、メーター、蛇口、その他の技術的資産が含まれます。 フランスでは、配電網の長さは20万キロメートル以上(地球5周分)にも及びます。 GRDFは、このガスインフラの建設、運用、開発、そして経済的・産業的パフォーマンスの確保に責任を負っています。

認定されたネットワーク性能

当社の非常に革新的な天然ガスインフラは、規制を完全に遵守して設計されています。 パイプやバルブの位置は厳しく管理され、建設中もすべての要素の状態を継続的に監視しています。
当社の管理システムは、フランスにおけるすべての天然ガス配給活動においてISO 9001(品質)およびISO 14001(環境)の認証を取得しています。これは、当社の活動の品質と常に向上しようとする意欲の確固たる証拠です。

  • 下請け業者との品質とパフォーマンスの互恵的な約束、
  • 革新的な技術の開発。

    監視の強化

    毎年、GRDFは約7万kmの配管に対して検査を行っています。 この作業は、地下のパイプから漏れる可能性のあるものを検知して場所を特定するネットワーク監視車(NMV)を使用したチームによって行われます。 さらに、GRDFの技術者は毎日徒歩で、吸引管に接続された携帯型装置を使用して予防措置を実施しています。 日々のネットワーク監視と並行して、劣化を引き起こす可能性のあるあらゆる事象の後に体系的な管理が行われます。

    GRDF のジオポジショニングシステムにより、フランス中のすべてのネットワークと接続部の正確な位置が確認できます。 同社は、すべての新しい天然ガス設備のマッピングをデジタル化し、既存のマッピングシステムの信頼性を向上させるために、多額の投資を行っています。 300人のGRDFの地図製作者が、ネットワークの状況を毎日更新しています。

    請負業者やネットワーク運営者と密接に連携

    地域の建設工事による天然ガスネットワークへのダメージを防ぐことも重要です。 私たちは、あらゆるリソースを駆使して、関係者(請負業者、公共事業会社、ネットワーク運営会社)と安全への取り組みを連携させています。 また、従業員や地域住民の安全だけでなく、財産の安全性向上を目的とした教育プログラムや共通の取り決めも、このアプローチの中心となっています。

    ネットワークの安全性は企業戦略の中心 GRDFは毎日、天然ガスネットワークの安全性のために100万ユーロを投資しています。 この優先支出項目は、以下を目的としています。

    • ネットワークの近代化(50%)、
    • 顧客へのメンテナンスおよび修理サービスの提供(25%)、
    • ネットワークの監視と専門分野のトレーニング(25%)、

    現代的で革新的なネットワーク

    GRDF はより環境に優しく、安全で競争力の高いエネルギーシステムのためにより多くのテクノロジーを統合している。 GRDFは2016年から2019年にかけて、研究&開発(R&D)プロジェクトに4300万ユーロを投資した。 2020年から2023年の間に、R&D予算を約6300万ユーロに増やす予定である。

    当社のR&Dプログラムは、当社の発展にとって戦略的なトピックに向けられています。 私たちの研究の方向性は次のとおりです。

    • スマートなガスグリッド、

    • 再生可能ガス、

    • グリッドの安全性と優れた運用、

    • 顧客の設備における柔軟性と安全性、

  • Leave a comment

    メールアドレスが公開されることはありません。