ウッドテーブルの上の新鮮な有機野菜と果物。 横構図。

1分

喫煙者、元喫煙者、アスベスト作業員は、肺がんリスクを高める可能性があるという証拠があるため、分離したベータカロチンサプリメントを避けるべきである。 この結論に至った研究のひとつは、米国国立がん研究所(NCI)とフィンランド国立公衆衛生研究所がフィンランドで実施したものです。 この研究では、ベータカロチン20mgとビタミンE50mgを含むサプリメントを与えられた男性喫煙者29,133人の肺がんが18%多く、全体の死亡が8%多いことがわかりました。

NCIが資金提供した2番目の研究では、ベータカロチンとビタミンEのサプリメントを摂取する成人の肺がんが28%多く、死亡は17%多いことがわかりました。 この研究では、喫煙者または元喫煙者である50歳から69歳までの男女14,254人と、職場でアスベストにさらされたことのある45歳から69歳までの男性4,060人が対象となりました。

3番目の研究では、米国の男性医師22,071人(うち11%が喫煙者)を対象に、ベータカロテンを摂取したグループには利益も害もありませんでした。
これらの結果はいずれも、ベータカロテンのサプリメントが肺がんを引き起こすことを示唆していませんが、喫煙が危険因子である場合には予防につながらないことを示唆しているのです。

しかし、科学的な証拠は、ベータカロチンを含む果物や野菜をたくさん食べている人は、喫煙の有無にかかわらず、がんや心臓病になりにくいことを示しています。 喫煙者や元喫煙者が、桃、メロン、マンゴー、サツマイモ、カボチャ、トマト、濃い葉野菜を含むこれらの食品を避けるように言う人はいません。

この研究が示すのは、単独の微量栄養素を、それを含む食品と混同することの愚かさです。

ご主人が十分な野菜や果物を食べられない、あるいは食べようとしない場合は、野菜や果物に含まれるのとほぼ同じ割合の混合カロテノイドを供給するサプリメントを摂取することが可能です。 私は、15,000 IUの混合カロテノイドを含む1日分のマルチビタミンをお勧めします。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。