最も広く使われている寛骨臼骨折の分類システムは、50年以上前に主に手術計画を助けるためにJudet, Judet and Letournelが開発したものである。 人口統計と損傷メカニズムが時間とともに変化したため、骨折のパターンも変化しているようである。 我々は、2010年から2013年に受診した平均年齢54.9歳(19~94歳)、男女比69:31の寛骨臼骨折患者100人の画像診断をレトロスペクティブレビューし、現在の損傷パターンのスペクトルが元のシステムを用いて確実に分類できるかどうかを判断するために実施した。 3人の骨盤・臼蓋のコンサルタント外科医と1人のシニアフェローが匿名の画像を分析した。 定義されたカテゴリーに当てはまる骨折の分類に対する観察者間の一致度はかなり高く(κ=0.65、95%信頼区間(CI)0.51~0.76)、CT画像を含めるとほぼ完璧に改善した(κ=0.80、95% CI 0.69~0.91)。 しかし、高い割合の傷害(46%)は、複数の外科医によって分類できないと感じられた。これらは、中程度の一致が見られた(κ=0.42 95% CI 0.31~0.54). この100人の患者コホートにおける分類不能の骨折をさらに検討すると、高齢者に発生する傾向があり(平均年齢59.1歳、22~94歳 vs 47.2歳、19~94歳、p = 0.003)、このグループ内で、不完全な後方要素損傷を伴うか伴わない前柱と四角板への侵襲が繰り返されるパターンであった。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。