2コリント11章では、パウロはコリントのキリスト教会への2通目の手紙を続け、偽教師についての警告をいくつか述べています。

「第一コリント 第二コリント ガラテヤ」

のように。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13

” 聖書のすべての本 “

パウロの偽教師に対する警告

パウロはコリントの人々に、自分がそこにいたときに教えたキリストへの一途な献身から彼らが迷うことを心配していると言った。

偽りの説教者に期待する

パウロはコリントの人々に、これらの偽りの説教者を警戒し、彼らが教会の名において説教する権威についてくだらない自慢に耳を傾けないように警告しました。 パウロはまた、ある説教者が不誠実であることに驚いてはならないと念を押した。なぜなら、サタンでさえ、人々を欺いて彼に従わせるために光の天使に姿を変えているからである。

パウロは、自分はいつも彼らの重荷にならないようにしているが、これらの偽りの説教者たちは、彼らの信者たちによって支えられ、従われることを期待していると言いました。 たとえ自分が教会の「スーパー使徒」と呼ばれる人たちほど偉大な演説者でなかったとしても、自分の知識と信念は等しく真実であると言ったのです。

パウロ、自分の資格について語る

パウロは第二コリント11章で、コリントの教会に対する自分の愛を確認し、偽りの伝道者が自分の権威を証明しようとする主張のいくつかの例をあげました。 そして、自分も同じように、自分たちはヘブル人であり、イスラエル人であり、アブラハムの子孫であり、キリストのしもべであると言うことができると伝えました。

次にパウロは、自分の資格について話した。 もし彼らが偽教師たちの資格に感銘を受けたなら、パウロがキリストの名によって、これらの偽伝道者の誰よりも苦しんできたことを知るべきだと言った。 また、彼はもっと働き、もっと投獄され、鞭打たれ、打たれ、石を投げられ、難破し、絶えず危険にさらされてきたと言った。

パウロはさらに、飢え、渇き、寒さ、疲労など肉体的にも苦しみ、自分が設立に貢献した教会を心配する精神的な苦しみもあったと述べた。 それは、キリストが強く、パウロを通して働いておられることを示すからである。

2 Corinthians 11 (King James Version)

1 Would to God could bear with me a little in my folly, and indeed bear with me.

2 わたしは、神の嫉妬をもって、あなたがたのことを妬んでいる。

3 しかし、蛇がその狡猾さによってエバを誘惑したように、あなたがたの心がキリストにある単純さから堕落しないように、わたしは恐れる。

4 もし来る者が、わたしたちが宣べ伝えていない別のイエスを説き、またあなたがたの受けなかった別の霊や、受け入れなかった別の福音を受けているなら、あなたは彼とよく耐えていることであろう。

5 わたしは、最も優れた使徒たちに少しも遅れてはいないと思う。

6 しかし、わたしは口は悪いが、知識では劣っておらず、あらゆる点において、あなた方の間で十分に明らかにされている。

7 わたしは、あなたがたに神の福音を自由に宣べ伝えたので、あなたがたが高くされるために、自分を低くして、罪を犯したのか。

8 わたしは他の教会を奪って、その賃金を取り、あなたがたに奉仕させた。

9 また、わたしがあなたがたのところにいて、必要なものがあったとき、わたしはだれの責任にもならない。わたしにとって不足しているものは、マケドニヤから来た兄弟たちが満たしてくれた。

12 しかし、わたしがすることは、機会を得ようとする者から機会を絶つことであり、彼らが栄光を受けるところで、わたしたちと同様に見出されるためである。

13 こういう者は偽りの使徒で、自分をキリストの使徒と偽っている欺く者だからである。

14 サタン自身が光の天使に変えられているのだから、驚くには当たらない。

15 それゆえ、その大臣たちも、義の大臣として変えられるなら、たいしたことではない、その終わりは彼らの行いに従っているのである。

16 また言うが、だれもわたしを愚か者と思ってはならない。そうでないなら、愚か者としてわたしを受け入れ、少しは自慢してもよい。

17 わたしが話すことは、主の後に話すのではなく、愚かにも、この自慢という自信をもって話す。

18 多くの者が肉の後に栄光するのを見て、わたしも栄光することにしよう。

19 あなたがたは、自分が賢いのに、喜んで愚か者を苦しめるからである。

20 あなたがたが苦しむのは、人があなたがたを束縛し、人があなたがたを食い、人があなたがたを奪い、人が自分を高め、人があなたがたの顔を打っても、である。

21 わたしたちは非難について、まるで弱かったように話しているのだ。

22 彼らはヘブル人なのか、わたしもそうだ。彼らはイスラエル人なのか、わたしもそうだ。彼らはアブラハムの子孫なのか、わたしもそうだ。

23 彼らはキリストの使者なのか、わたしもまたそうだ。 (わたしは愚かなことを言うが)わたしはもっと多く、労苦はもっと多く、鞭打ちはもっと多く、牢はもっと多く、死はもっと多い。

24 ユダヤ人から五回、四十回を受けたが、一回を除いては、わたしは鞭打ちを受けた。

25 わたしは三度棒で打たれ、一度石を投げられ、三度難破し、一晩と一日、深みにはまったことがある。

26 旅の途中、水難、強盗、同胞の危機、異教徒の危機、町の危機、荒野の危機、海の危機、偽りの兄弟たちの危機、

27 疲労と苦痛、しばしば監視、飢えと渇き、しばしば断食、寒さと裸の危機が起こった。

28 外にあって、日々わたしにのしかかるもの、すなわち、すべての教会の世話。

29 だれが弱くて、わたしが弱くないのか。

30 わたしがどうしても栄えるなら、自分の弱点にかかわることで栄えたいのである。

31 わたしたちの主イエス・キリストの神と父、すなわち永遠に祝福された方は、わたしが嘘をつかないことを知っておられる。

32 ダマスコでは、アレタス王の下の総督がダマスコ人の町を守備していたが、わたしを捕らえようとした。

33 わたしは窓からかごに入れて壁のそばに降ろし、その手から逃れた」

「前の章 次の章」

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。