私は長年にわたって自分の犬を何匹か飼い、また何人もの里親がいましたが、一番のアドバイスは、彼女にすぐに予定を与えてあげることだと思います。 餌の時間、クレートの時間、散歩の時間など、最初にしっかりと決めておくと、「次に何が来るか」がすぐにわかり、その習慣に慣れるので、移行がとても楽になります。
また、救助隊が何を与えているかを必ず聞き、その日から次の日に切り替えるのではなく、別の餌に徐々に移行してください(そうする予定ならそうします)。 私はお腹がとても敏感な里親を何人も持っていて、彼らにランを与えることは、あなたが最初にしたいことではありません。 :D
輸送や里親になるために犬を引き取るときは、万が一、車での移動が苦手だったり、体調を崩したりしたときのために、その日の朝は食事を与えないようにお願いしたいです。 せっかく新しい家に行くのに車内のクレートに嘔吐されたらたまったもんじゃないですからね。 (
私が家に連れてきたときは、通常、外で荷物を降ろし、家の中や庭を10~20分ほど散歩させてから中に入り、トイレをさせたり、近所の匂いを嗅がせたりします。
家の中に入ったら、リードをつけたまま、食べ物や水、クレートを置いてある場所まで連れて行き、同じ部屋で普段の生活をさせます。 そうすることで、私は犬から目を離さず、犬も新しい場所に慣れることができます。 私は里親になるときにいつも猫を飼っていたこともあり、すぐに放し飼いにするのは好きではありません。
私は通常、新しい犬を家に連れてきた最初の夜から、それまでクレートトレーニングを受けていたかどうかにかかわらず、クレートに入れるようにしています。 あなたの犬はレスキューされた犬なので、クレートトレーニングを受けている可能性があります。 また、どのようなタイプのクレートを使っているかも尋ねてください。 ワイヤークレートが苦手で、密閉式のプラスチック製エアラインクレートが好きな犬もいます。 また、クレート内に寝具を入れることができない犬もいます。 (私は通常、最初のうちはクレートに何も入れないようにしています。)
しつけは基本的に子犬のしつけと同じです。 新しい犬は、新しい家で新しいルールに従って生活することになるので、新しい子犬を迎え入れるのと同じように、まずは新しい名前に慣れさせ、おいでやお座りなどの基本的なことから始めます。 私は通常、新しい犬にはすぐにクリッカーを導入してトレーニングすることはありません。犬が落ち着くまで数日待ってから「本当に」トレーニングを始めます。
運動に関しては、あなたの犬は、あなたが彼女の隣を元気に歩くときよりも、リードであなたを引っ張って道を行くほうが運動量になりません・・・あなたを引っ張りながら道をジョギングするなら話は別です。 :D
私は新しい犬には長いロープを使うのが好きです…買うこともできますし、ロープから自分で作ることもできます。 私は50ftで約5ドルで2500ポンドの強度を持つ素敵な「クライミング」ロープを買ったことがあります。 それだけで十分です。 そして、首輪やハーネスに取り付けるためのクリップ(私は長いロープを使ったハーネスが好きです)。 そうすれば、フェンスのない広い場所(近所の公園やサッカー場など)でも、身体的なつながりを保ちながら「走らせる」ことができます。
もうひとつの選択肢は、しっかりとフェンスがある場所を探すことです。 フェンスのある庭がない場合、それは難しいかもしれません。 公園のテニスコートは誰も使わないし、フェンスも高いので、登ったり飛び降りたりすることはできません。
運動についてもうひとつ、体を動かすことはいい(必要)ですが、トレーニングや頭を使うゲームなどの精神的な運動も軽視してはいけません。 家の中でおもちゃやおやつを探すのは、ただ庭を走り回るよりも犬にとっては大変な作業です。 筋肉だけでなく、犬の脳を鍛えてあげてください。 :)
首輪については、最終的には平らな首輪だけにするのが一般的な目標です。 でも、新しい犬を飼い始めるとき、その子がどれくらい引っ張るのか、首輪から手を引いてしまうのか、よくわからないときは、家に連れてきたときに最初に使う首輪としてマーティンゲールを使うのがいいと思います。
私はLupineのマーチンゲール、オールファブリックのものが好きです。> Sunburst Combo Collar|Lupineは、フラットカラーとしてもマーチンゲールとしても使えるので、万能な首輪です。 また、保証も充実しています。 :D
しつけをする際に、引っ張りを抑えたい場合は、フロントクリップハーネスとプロングカラーの2つをお勧めします。 私は、ヘッドホルター、チョーク、Eカラーなどを使う前に、いつでもこの2つを使います。
ほとんどのGSDは非常に知的で、さらに重要なことに、喜んでもらいたいと思っています。 彼らはハンドラーと一緒にいたい、ハンドラーのために働きたいと思う犬種です……それは良いことです。 :D

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。