C major and G major

ウクレレを始めたばかりの頃は、2つのコードだけを覚えることがよくありますが、たいてい最初のコードはCとGの2つです。 ほとんどのウクレレ初心者はCメジャーとGメジャーをすぐに覚えますので、この2つのコードだけで演奏できる曲を探してみましょう。 西洋音楽ではルートと5thの音程が最も簡単でよく響くので、Cメジャー(ルート)とGメジャー(5th)のコードだけで曲を作るのはとても簡単なことなのです。 ルートとフィフスの2コードの曲は、フォーク、ゴスペル、カントリーなどのジャンルが多いですが、モダンロックのカテゴリーに入るものもあります!

Skip to My Lou (chords)

This song is all way back to the 1840’s, so while it may be simple children’ song we give it some respect for such staying power.これは、ずっと昔の話ですが、この曲は、シンプルな子供の歌です。

Mary Had a Little Lamb (chords)

前述のように、このCとGの2コードだけの曲は、子供の歌かフォークソングが多いようです。 しかし、Mary had a Little Lambのようなシンプルな曲は知っておいた方がよいでしょう。 メリー・ハド・ア・リトル・ラムは、セサミストリートでやっているように、いつでも少しジャズっぽくすることができるんだ。

Jambalaya (On the Bayou) (chords)

Hank Williamsが1952年に書いたJambalayaは(おそらくケイジャンのメロディーをもとに彼が共同作曲したのでしょう)、ギターで弾いたかもしれませんが、ウクレレでも素晴らしいサウンドに仕上がりました。 この曲もシンプルな2コードのメロディで、ウクレレの基本的なかき鳴らしで演奏できます。 シンプルな2コードの曲でも、指弾きでスパイスを効かせたくなることがありますが、それは音楽的にあまり多くのことをやっていないからです。 基本的なメロディと曲ができたら、少し試してみましょう!

Down in the Valley (chords)

これは1920年代のフォークカントリー曲で、「バーミンガム刑務所」としても知られている曲です。 この曲を調べてみると、CとGだけでコード付けしているものもあれば、G7を使っているものもあるようです。 もし、あなたがまだG7を習っていなくても、この曲を演奏することは可能ですが、2つのコードを持つ曲では、この7thを再び目にすることがあるかもしれませんので、注意してください。 初心者のうちはGメジャーだけで十分ですが、覚えておいて損はないですよ。 (上のリンクはギター用です。この曲の多くのウクレレタブは、キーがFやGになっています。)

He’s Got the Whole World in His Hands (chords – replace G7 with G)

この古いアメリカの精神曲でG7が使われている素晴らしい例もあります。 ただし、G7の代わりにト長調を弾いてもかまいません。

Give Peace a Chance (chords)

偉大で才能あるビートルズのジョン・レノンでさえ、本当にシンプルな曲を書いています。 Give Peace a Chanceは、特にコーラスが素晴らしいので、キャンプファイヤーの歌として最適です。 この曲は、ジョンがヨーコとの有名なベッドインの際に書いたものです。皮肉にも、この曲を演奏するように、平和は本当に複雑ではありません!

Achy Breaky Heart (chords)

90年代前半に育った人にとって、この曲が何度も流れた後に叫びたくなるでしょう!

この曲は、「Achy Breaky Heart (コード)」の略です。 ビリー・レイ・サイラスが書いた曲ではありませんが、彼がこの曲を流行らせたことは確かです。

Banana Boat Song (chords – transpose -2)

この50年代の曲は、映画「ビートルジュース」の後、大復活を遂げました。 この曲も他の曲と同様、ハ長調とト長調のシンプルな曲ですが、演奏のポイントは、正しいストラムを身につけることです。 ジャマイカやレゲエ系の曲は2拍子や4拍子が強調されていることが多いので、バナナボートソングのようにこれらの拍をパーカッシブな効果で叩いてください。 また、最初の行でCのコードを一回叩いて、次のDay-Oまでしか歌わないなど、必要なときは少しスペースを空けて叩きます。

Everyday People (chords)

Sly and the Family Stoneはいつも私のお気に入りのバンドの一つで、彼らの曲Everyday PeopleにはCとGという二つのコードが完璧についているんですよ。 しかし、この曲はCとGを使っており、悪いウクレレ曲ではありません。

重要なことは、上記の曲の多くは多くのタブサイトで、さまざまなキーで見つけることができるということです。 ウクレレを弾けるようになると、たくさんの情報が見つかりますが、良いタブやコードもあれば、悪いものもあります。 あなたの耳で、何が効果的で何が効果的でないかを見極めてください。 このページでは、ウクレレを弾くことは決して難しいことではなく、少しの音楽の知識があれば、多くの曲を弾くことができるということをお伝えするのが目的です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。